しゃちほこトピックス > 雑学豆知識 > 話が通じないコミュニケーション能力に難がある人の3つの特徴!年齢が高いと改善の見込みなし!

話が通じないコミュニケーション能力に難がある人の3つの特徴!年齢が高いと改善の見込みなし!

コミュニケーションは、人間関係を築き、情報を共有し、社会での成功を収めるために不可欠なスキルです。

しかし、中にはコミュニケーション能力に難があると感じる人がいます。

言葉や態度が「通じない」と悟った瞬間は、非常に不快な気持ちになり、時には痛ましいものです。

全般的に話の通じない特殊な人ほど正論は全く効果が無く、しかも非論理的、つまりは問いと答えがチグハグのため、話し合いというものができません。

誰もが心当たりがあると思いますが、子の記事では、いわゆるコミュ障と言われる人の一般的な傾向や特徴について、独自の見解を述べてみたいと思います。

恐らく多くの方が共感してくれるのではないかと考えます。

コミュニケーション障害の3つの特徴

コミュニケーションは、社会的な相互作用において鍵となるスキルです。

しかし、中にはコミュニケーションで苦しむ人が、一定数います。

その背後には特定の特徴が存在し、共通する3つの特徴について、挙げてみることにしました。

1. 社交的不安症の傾向

一つの特徴として挙げられるのが、社交的不安症の傾向です。

この状態にある人々は、社交的な場面で不安や恐れを感じ、他人との対話や交流を避けがちになります。

この不安感は、他者とのコミュニケーションにおいて、適切な言葉や態度を見つけるのを難しくし、効果的なコミュニケーションの障壁となります。

2. 意思疎通の困難さ

コミュニケーション障害を抱える人は、自分の意思や感情を的確に伝える難しさを抱えていることが多いです。

しばしば言葉が不足しているか、適切な言葉を見つけることができないため、他人に自分の考えや感情を理解してもらうのが難しいことがあります。

3. 適切な非言語コミュニケーションの欠如

コミュニケーションは単に言葉だけでなく、非言語コミュニケーションも含みます。

しかし、コミュニケーション障害を抱える人は、しばしば適切なジェスチャーや表情が苦手です。

これにより、他人との意思疎通がより複雑になり、誤解や不確実性が生じやすくなります。

年齢とコミュニケーション能力の関連性

コミュニケーション能力は年齢とは直接的な相関性はないとしても、大体、成人するまでに基礎ができあがり、社会に出てから向上します。

ただし、全ての人に当てはまる普遍的な法則ではありません。

若い世代は新しいテクノロジーやコミュニケーションツールに慣れ親しんでいるため、新しい方法を取り入れることが得意であることが多いです。

しかし、高齢者には貴重な経験と知識があり、コミュニケーションにおいて他者との共感や洞察力を提供することができます。

一方で、年齢が上がるとともに新しいことを学ぶのが難しくなるという、誤解に近い思い込みがある気もします。

研究によれば、年齢に関係なく新しいスキルを習得し、コミュニケーション能力を向上させる可能性はあるはずです。

さらに、コミュニケーショントレーニングやカウンセリングを受けることで、誰でもコミュニケーションスキルを改善できます。

ところが自覚が無い人にとっては、何を以てしても改善は望めません。

コミュニケーション能力向上の実践

コミュニケーション障害を抱える人にとって、コミュニケーション能力の向上こそが、自身の価値向上に繋がります。

どの年齢層にも適用できる改善策は何なのか、いくつか挙げてみます。

  • 聞くことを重視する
    他人の話を注意深く聞くことで相手の意図や感情を理解しやすくなる
  • 非言語コミュニケーション
    自分の表情やジェスチャーで伝えるように努力する
  • トレーニングを受ける
    専門家の指導のもとで問題を特定して改善策を見つける
  • 自己意識の向上
    自分の強みと弱みを受け入れる素直さを持つ
  • 継続的な実践とフィードバック
    毎日の実践と友人や家族からのフィードバックを受ける

まとめ

「話が通じないコミュニケーション能力に難がある人の3つの特徴!年齢が高いと改善の見込みなし!」というテーマでコミュ障について書きました。

総じて、話が通じない人は、

  • 相手の話が理解できない
  • 自分中心の発言と思考
  • 論点のすり替え

に集約され、忠告や指導には一切聞く耳を持たない傾向が強いです。

付き合わずに距離を置きましょう。

関連記事

昭和の仕事コミュニケーション術は通用しないのか?足で稼ぎゴルフ接待はムダか!

参考になったらシェアしてくださいね!