引っ越しの餞別としてプレゼントを友達に贈るタイミングや相応しい内容とは

餞別

春は出会いと別れの季節です。

当然、引っ越しする友達も現れることでしょう。

引っ越しの理由としては、

  • 転勤
  • 進学
  • 就職

が上位を占めることでしょう。

引っ越しする友達への餞別として相応しいプレゼントや贈るタイミングなど、意外に悩ましいものです。

今回は、そうした悩みの参考になるような情報を、シェアしたいと思います。

引っ越しの餞別の定番

引っ越しの選別は、双方の関係性に基づいて、

  • 現金
  • 食品
  • 家電製品
  • 金券

などがピックアップされます。

無難なものとして、タオルなどを贈るという発想もあるでしょうが、はっきり言って不要です。

タオルなんて日用品は、それこそ家庭内に在庫されやすいモノのトップクラスに位置するアイテムです。

それよりも石鹸や洗剤など消耗品の方が喜ばれます。

広告

引っ越しする友達への餞別

友達関係なら商品券、または希望の物を贈ることが最適です。

何でも言い合えるからこそリクエストに応えるという方法が、贈る側にしてもプレゼントとして納得できます。

子どもが小さければ、子ども向けのリクエストが出るかもしれませんし、新婚家庭なら、まち違うリクエストがあります。

プレゼントは自分が良かれと思ったものではなく、相手に必要なものを贈ることが大前提です。

押し付けがましいプレゼントほど、不要なものはありません。

これは引っ越しだけでなく日常でも同様です。

引っ越しの餞別としてNGなもの

引っ越しの餞別でNGなものなどあるのか?

パッと思い付くことは無いかもしれませんが、最悪なのは食器類です。

これだけは要望が無い限りはプレゼントするものではありません。

引き出物でも頂いて困るのが、

  • 名前入りお皿
  • 名前入り置時計

といったものから想像すると、理解できると思います。

食器類は、その人の好みで選ぶべきもので、感性の異なる他人が押し付けるものではありません。

高額な食器だろうが名のあるデザインだろうが、要らないものは要らないのです。

もし食器類を検討していたら、真っ先に候補として削除しましょう。

広告

引っ越しの餞別を贈るタイミング

引っ越し前と引っ越し後のどちらか迷いますよね。

仮に引っ越し前にはっきりと言われたならば、なるべく早めに贈ることがポイントです。

後になると忘れます。

「急いで用意したので気に入ってくれるかどうか・・・」

ということを素直に伝えてから、菓子折りや商品券など、まず渡すことが肝心です。

大抵、親密なほど引っ越し情報は早めに知れることになるので、引っ越し前にプレゼントすることになるでしょう。

さらに引っ越し後、1ヵ月以上経過して落ち着いた時期に、お歳暮など贈答品の季節になってから、改めてプレゼントする方法でも良いわけです。

「あの時は急いでいたから」

そんな理由で贈ったとしても、相手にとっては悪い気は起こりません。

まとめ

「引っ越しの餞別としてプレゼントを友達に贈るタイミングや相応しい内容とは」と題して、参考にして欲しい情報をシェアしました。

引っ越しの餞別は友達関係なら「要らない」と言われる可能性は高いです。

それでも気持ちが収まらないときは、贈答品の季節に「引っ越しの餞別ができなかったから」という理由で贈ることもひとつの方法です。

大事なのは餞別ではなく、遠く離れても交流が続くことなのではないでしょうか。

参考になったらシェアしてくださいね!