しゃちほこトピックス > 趣味娯楽 > フィルソンの逸品マッキーノクルーザーを纏う その他の名品について

フィルソンの逸品マッキーノクルーザーを纏う その他の名品について

アメリカの老舗アウトドアクロージングメーカー「フィルソン」。本物のアメリカンアウトドアマンを気取るなら、逸品マッキーノクルーザーを纏うべし。その他のフィルソンの名品アイテムもご紹介。「どうせ持つなら最上なものを」

フィルソンとは

フィルソン(FILSON)は、アメリカの代表する老舗アウトドアクロージングメーカーです。

“MIGHT AS WELL HAVE THE BEST”「どうせ持つなら最上のものを」

この言葉をモットーに、創業者CLINTON C. FILSONにより、ワシントン州シアトルで1897年に創業されました。

最上の天然素材と一切妥協のない設計、頑固なまでのこだわりぬいたその縫製は、アメリカの大自然の中で働く人たちに、厚い信頼と愛情をもって今なお受け入れられています。

優れた品質と耐久性から「親から子へ、子から孫へ」と受け継がれるといった、数々のエビソードをも持つ、今や数少ない老舗のアメリカンアウトドアクロージングメーカーです。

近年ではフィッシングアイテムなども追加され、より幅広いアウトドアマンに愛されているブランドです。

フィルソンの逸品マッキーノクルーザー

フィルソンを代表するアイテムと言ったら、まず第一に挙げられるのが逸品「マッキーノクルーザー」でしょう。

このマッキーノクルーザーは、フィルソンが独自の製法で作るウールが使用されたジャケットで、これまで50万枚以上の販売記録を持つフィルソンのベストセラーアイテムえす。

ちなみにマッキーノウールとも呼ばれるこのウールは、原毛を刈り取り製品になるまでに、
2年以上の歳月をかけるというこだわりよう。

既にこれだけでもロマンが詰まっていますよね。

このマッキーノクルーザーにはシングルとダブルがあり、シングルは一枚仕立て、ダブルはより厚手の二枚仕立ての作りとなっています。。

私たちが冬場に普段使いするなら、シングルの方がごわつきが少なく着やすいため、使い勝手は良いかと思います。

カラーは代表的な赤のバッファローチェックが人気ですが、ネイビーとグレーのバッファローチェックや単色のものなどもあり、他のアイテムとも合わせやすくなっています。

息子がいるならぜひとも「親から子へ、子から孫へ」と、家族の絆を結ぶマッキークルーザーを手に入れてみてはいかがでしょうか。

その他のフィルソンの名品たち

フィルソンの優れたアイテムは、マッキーノクルーザーだけではありません。

フィルソンのアイテムでおすすめしたい名品が、ラギッドツイルで作られたバッグです。

バッグにはいくつかの種類があるのですが、ラギッドツイルで作られたトートバッグとダッフルバッグは素晴らしいです。

ラギッドツイルとブライドルレザーによりタフさとクールさを併せ持った、美しく機能的なバッグに仕上がっています。

見る人が見ると、色も一目でフィルソンと分かる独特の美しいカラーとデザインが特徴的。

日常遣いのトートバッグと、旅に連れ出したくなるダッフルバッグ。

シンプルなスタイルにこれらのバッグ1つで、ワイルドで知的さが演出され、気分も上がりること間違いなしです。

それともうひとつ、ティンクロスのパッカーハットもコレクションに加えたいところ。

特にキャンパーなどは、このハット1つで、キャンスタイルにかなり深みが加わります。

まとめ

日本では一部のアパレルに詳しい人以外あまりなじみのないフィルソンかもしれませんが、アメリカなら大抵の人が知っている老舗ブランドです。

ファストファッションと対局を行く長く愛用することを目的に作られたファッションです。

エコの観点からも、こういった良い物を手に入れ、親から子、孫の代まで引き継げれば、相当地球にも優しいのではないかと思います。

フィルソン以外にも、こうした昔と変わらずにスタンダードな名品を作り続けている老舗メーカーは、探すとまだいくつもあります。

モノを持たない時代になりつつあることをきっかけに、流行りに流され頻繁に洋服を入れ替えるのではなく、長くひとつのものを愛用するスタイルにチェンジしてみてはいかがでしょうか。

参考になったらシェアしてくださいね!