タブレットでマウスは使える?必要かどうかは別にタブレットとマウスの接続や操作をする方法!

せっかくのiPadが持ち腐れているので、活用方法は無いかと考えているのですが、いまのところありません(汗)

スマホやタブレットが当たり前のように使用されている世の中で、使い道がないという悩みは、珍しいのではないでしょうか・・・。

自己分析しますと、まず画面サイズが10インチ程度では、目の疲労が早まるといった加齢による影響もありますし、SNSの活用頻度が圧倒的に少ないということも原因のひとつです。

ビジネスでもSNSの活用は効果的ですが、まともに話しすらできない人からのアプローチが鬱陶しくて、あえて避けている状況・・・。

よってデータや資料の閲覧専用に決め、ついでにマウスで操作できる環境を目指しました。

タブレットとマウスの接続

スマホやタブレット用にあつらえているマウスは存在しません。

大抵、パソコン用のマウスを流用するカタチになります。

接続方法は、

  • 有線
  • 無線

に大きく分けられますが、手っ取り早いのは無線、Bluetoothによるペアリングが望ましいかと考えています。

常日頃使用しているパソコンもマウスとはBluetooth接続なので、できれば1台のマウスで複数のデバイスを操作できるようにしたいです。

ちなみに本記事ではBluetoothによる接続方法(ペアリング)については割愛します。

広告

1台のマウスで複数のデバイスを操作

今、複数のパソコンを1台のマウスで操作しています。

ローカルネットワーク内であれば、とあるツールの利用によって最大4台まで接続可能で、お互いのパソコン間でのカーソルの移動もラクラクですし、AパソコンからBパソコンにコピペもできる優れモノです。

そのツールとは、Microsoft Garageがリリースしている「Mouse without Borders」になります。

ダウンロードはコチラ。

Download Microsoft Garage Mouse without Borders from Official Microsoft Download Center

ネックなのは、iPadに対応しているかどうかというところ(汗)

当たり前ですが、Surfaceなら対応してるんですよね、まあ、Windowsマシンですからね・・・。

これが使えないとキツイです。

調べた結果、iPadには適用できそうにありません(汗)

ですよねー。

iPadは指でいい

結論としては、iPadを「Mouse without Borders」のグループには入れられないので、指での操作がベターということになりました(汗)

ごく普通の使い方に落ち着くという・・・。

ただ、参照だけの用途は勿体ないので、何か作業させることを考えたいところ。

ある程度のリラックスが要求されるビジネスシーンでは、音楽や動画を流すのもアリありかもしれません。

長きにわたってWindowsマシンに慣れ親しんだ筆者は、どこかiPadのインターフェースに馴染めていないことを克服する必要もあります。

広告

テレワークでは複数マシンが必須

テレワークで本格的にパソコンなどを使用して仕事をするなら、1台では心もとないはずです。

少なくとも外部ディスプレイで画面を拡張、あるいは複数のパソコンでの作業が、はるかに効率的です。

画面の切り替えは極力抑えたいですしね。

ゆえにスタバで小さなノートパソコンを使って作業的なことをしてもですよ、そんなに進捗してないのではという疑惑がありあり。

文書や資料作成においては必ず参照するデータなどがあるわけですから、1台のパソコンで画面を切り替えながらって、かなり難易度高いのですよ。

だから、たかが知れてる作業しかしてないのではないかと、推測ができるのです。

まあ、そういう人は成果より「どう見えるか」が、非常に大事なんでしょう。

仕事した感の押しつけ的な・・・。

まとめ

「タブレットでマウスは使える?必要かどうかは別にタブレットとマウスの接続や操作をする方法!」というテーマで、タブレットの活用について書きました。

タブレットにマウスは必須ではありませんが、接続は可能です。

だがしかし、筆者の既存の環境ではiPadがカヤの外なので、Mouse without Bordersに期待をしたわけですが、ダメでしたという話しとなってしまいました。

まあ、こんなこともありますよ。

関連記事

ふるさと納税でタブレットを返礼品にしている自治体で還元率がお得なのはどの地域?

 

参考になったらシェアしてくださいね!