手取り20万円のひとり暮らし 食費を月2万に抑えるコツ 浮いたお金で○○しよう!

手取り20万円以下でひとり暮らしをするとなると、倹約しないとなかなか自由に使えるお金も増えません。そのためには食費を抑えるのが手っ取り早いです。ということで、月の食費を2万円に抑えるコツをお伝えします。浮いたお金を何に使うと良いか、そしてそのメリットについてもお伝えします。

手取り20万円のひとり暮らしは大変

月の手取りが20万円というと、だいたい額面で25万円くらいになるかと思います。

そうなると年収にして300万円。

若い方なら年収300万円以下という人も結構多いと思います。

いまは契約社員などの割合も増えていますから、30代以上でも年収300万円の一人暮らしという方は、少なくないと思います。

私も経験したことがありますが、一月20万円以下の一人暮らしでやりくりするというのは、意外と大変です。

この場合、家賃を6万以下に抑えないと なかなか貯金もできず、旅行も行けないという感じです。

友達の結婚式があった月なんて、ほんと大変でした。

広告

一か月にかかる食費を振り返ってみる

家賃や光熱費、スマホやネット代、保険など、固定費は抑えるにも限界があります。

あとは抑えるとしたら食費ぐらいでしょうか。

一人暮らしの食費って、気を許すと結構いってしまいがち。

もしも外食オンリーなんて言う人がいたら、ここはひとつ積極的に考えてみましょう。

働いている場合、まずはお昼ご飯にかかる額についてですね。

お弁当を持参しないなら、平日5日のお昼ご飯代は、1日500円だとして20日間で月に10000円です。

それに仕事をしている間にも飲み物だって飲むでしょうから、毎日1本120円の飲み物を購入していたら、20日間で2400円。

合わせると、仕事に行く20日だけで12400円使っていることになります。これだって決して無駄遣いしている額ではないですけどね。

お昼が500円で済めばいいのですが、ちょっとランチをしたら1000円くらい行ってしまいます。

それに日によっては、2本飲み物を飲むことだってありますよね。

そのあたりを考慮すると、平日のお昼代は月15000円くらいでしょうか。

次に夜ですが、お弁当のテイクアウトや牛丼屋・定食屋って感じですかね。

たまにはビールやお菓子なんかも買って、1日1000円というところでしょうか。

となると、平日の20日だけで20000円ですね。

あとは土日の昼と夜、朝食で、10000円くらい?もっと使っちゃいそうですね。

となるとだいた月50000円くらいというところですかね。

どうでしょう?

月2万の食費にするにはどれくらいを目安にすればいい?

この月に50000円かかっているところを、ちょっと努力してぐんと減らしていきましょう。

そのために大事なのは自炊ですね。

正直、夜は自炊し、昼は弁当持参にすると、かなり食費が抑えられます。

お弁当まで作れないよと思うかもしれませんが、夕飯のおかずを少し多めに作り、次の日のお弁当にすると手間が省けますよ。

夕食のおかずと言っても、冷凍食品やレトルトなんかを上手に使えば、それほど手間もかかりません。

基本的にお米は炊く習慣を身につければ、スーパーなどで安くなったおかずを仕事帰りに買うことでだいぶ倹約ができます。

お弁当のない休みの日なんかは、100均で買ったレトルトのカレーとか、パスタなんかを作るといいでしょう。

メニューはたくさん考える必要はありませんが、7種類くらい用意して、曜日ごとに決めておくと献立を考えなくてすみます。

余った野菜などは、定期的に野菜炒めにして無駄なく使いきりましょう。

それから、仕事の日の飲み物は、水筒に水かお茶を入れて持っていくことにしましょう。

これでほぼ月2万円くらいの食費でやりくりできると思います。

広告

外食代や交際費はお小遣いから

たまには友人と食事をしたり、飲み会に参加したりすることもあると思います。

この時の費用は食費から出すのではなく、小遣いから出すのだと考えましょう。

月の小遣いの額をあらかじめ決め、お小遣いだけはざっくりと毎日こづかい帳をつけることをお勧めします。

そうすると無駄遣いがかなり減り、無駄な飲み会や2次会に行かなくなります。

その分を行ったり・買ったりしたつもりで、「つもり貯金」することをお勧めします。

貯金があると心の余裕が生まれます。

仮に会社が倒産したりして、急な転職を要する場合でも、慌てて条件の悪い会社に就職せずに済みます。

余裕があると、その後の人生の選択肢を増やすことができるのです。

まとめ

コロナの影響で、全行が減って手取りが減ったという話をよく耳にします。

日本人の多くは、残業代も当てにして1ヶ月の予算を組んでいる人が多いようです。

しかし、今回のように今後も何があるか分かりません。

なので、基本的には残業代を入れずに、1ヶ月の予算を組むことをお勧めします。

残業代やボーナスを含めて住宅ローンを購入したりすると、有事の時に本乙に大変になります。

場合によっては、せっかく購入した住宅を任意売却したり、自己破産したりしかねません。

残業代とボーナスは全額貯金し、それをタネ銭に安全な投資などをして、将来の不安を払しょくする基盤を作ることで、毎日を満ち足りた気持ちで暮らせるようにすると、気持ち的にかなり楽になると思いますよ。

ぜひこの機会に、自分の1ヶ月のお金の使い道について見直してみてください。

参考になったらシェアしてくださいね!