注文住宅はマイホームの中でも別格!?分譲住宅や建売住宅とメリットデメリットを比較

住まいに関しては、いろいろな意見や考え方があるので、少しでも関わりがあるだけでも非常に面白いです。

賃貸派vs.購入派の「どちらがお得か」みたいな論争は、そろそろ食傷気味ではありますけど、その他にも、

  • 一戸建てvs.マンション
  • 都会vs.地方
  • 平屋vs.2階建て

なども、視点が違えば「どっちもどっち」になったりして興味が尽きません。

ただ不思議なのは「分譲住宅vs.建売住宅vs.注文住宅」の論争が、あまり見かけないという点です。

今回は、次世代の論争の要となるであろう、注文住宅を中心に話しをします。

注文住宅とは

文字通りオーダーメイド、完全自由設計で建物を建築した住宅です。

住宅展示場やカタログにあるモデルハウスをベースに、カスタマイズしてプランを作る方法と、ゼロベースからスタートして、コーディネーターなどとプランを作り上げていく方法があります。

対照的に、様々なコンセプトで設計された住宅を、標準品または規格品と言えます。

間取りなどを含めた基本的な仕様が既に決められているので、「これ下さい」的な感覚で購入できる点が注文住宅との違いです。

注文住宅は、全国展開している大手住宅会社から地場の工務店まで対応しており、選択肢の幅が広く個性を出しやすい環境にあります。

広告

注文住宅のメリット

言わずもがな、完全オリジナルの1点もの住宅が手に入るという点が、最大のメリットです。

全てが思い通りになりますし、建築のプロセスが垣間見れるので、貴重な体験をすることにも繋がります。

好きな場所や広さが選べ、好きなカタチの住宅を建てることができます。

そのため、同じようなスタイルの住宅が立ち並ぶ中で、注文住宅がひと際目立つこともあります。

住宅設備、いわゆるキッチンやバスなどの水廻りなどにもこだわりを反映させることが可能です。

注文住宅のデメリット

イメージ通りかと思いますが、総費用は相場より割高になります。

ゼロベースからの設計では、時間も人も余計に必要となりますし、何よりも完成形を見ないまま建築がスタートしますから、ドキドキものです。

さらに資金面では、土地を探して購入した後に住宅の建築に入るパターンが多くなりますので、

  • 土地購入
  • 建築コスト

などに関しては、つなぎ融資でカバーしなければならない点です。

住宅ローンは原則として、引き渡しを終えた住宅への適用となるので、二重ローンではありませんが、2種類のローンを必要とします。

広告

建売住宅や分譲住宅との違い

注文住宅との大きな違いは、分譲住宅や建売住宅では土地と建物がセットで手に入ることです。

分譲住宅では、あらかじめ建築される住宅とのセット、もしくは数年以内(大抵は1年か2年)に住宅を建築する約束のもとに販売されてます。

建売住宅は、すでに住宅が完成している状態で販売されています。

つなぎ融資など必要とせず、建売住宅に関しては、そこが気に入れば短い期間で入居できる可能性が高いです。

まとめ

分譲住宅vs.建売住宅vs.注文住宅・・・。

どれが優位かは、アナタ次第ってところですね。

注文住宅は、ある意味では別格と言いますか、つなぎ融資という異色の存在と、完成するまで本当に住み心地が良いかどうか分からないということが避けられません。

建売住宅は、いろんな人がオープンハウスとして見学してる物件もあるし・・・。
それだけに値引きしやすいという隠れたメリットも。

さあ、どう考えますか。

関連情報

つなぎ融資は、少し割高・・・。

つなぎ融資とは?分割融資との違いやメリット、デメリット、注意点 | みずほ銀行

参考になったらシェアしてくださいね!