秋と言えば中秋の名月!今年は満月がバッチリ見られるのはどの地域?参考になるサイトは?

今朝、配達されてきた新聞にマクドナルドの割引チケットが、バーンと挟まれていました。

月見バーガーが期間限定で発売されるからです。

マックだけでなく、ケンチキやモスも月見系の商品をこぞって、推しています。

ウワサによるとコメダ珈琲も、これまたエゲツない月見系バーガーを出しているとか。

で、連想に至ったのが中秋の名月の時期なのです。

今年はいつなのか・・・。

中秋の名月の見ごろ

ズバリ明日、2022年9月10日(土)が中秋の名月であり、満月を見るチャンスです。

幸いにも日本全国で見られるチャンスはあるようですが、特に関東から北海道にかけての東日本は、視界が良好になる模様。

西日本については全体的に雲が広がるということで、地域によっては、見えづらい状況にあるかもしれませんね。

広告

そもそも中秋の名月とは?

中秋の名月とは、太陽太陰暦(旧暦)の8月15日の夜に見える月を指します。

なぜ旧暦が基準なのかと言えば、昔は1か月の日付を決めるのに月の満ち欠けで判断していたからです。

旧暦では1年を3ヶ月ずつ区切って、

  • 春:1月~3月
  • 夏:4月~6月
  • 秋:7月~9月
  • 冬:10月~12月

としていて、秋の中日である8月15日を文字通り「中秋」として、その当日に見える満月を中秋の名月とした経緯があります。

ただし旧暦の8月15日ですから、現在の暦の上では1ヶ月遅れの9月頃になります。

発祥は中国で、平安時代に日本へ渡ったとされていることから、かなり長い歴史があるわけです。

中秋の名月=満月ではない

ここで注意点がひとつあります。

かつては月の満ち欠けで1ヶ月の日付を決めていたと書きました。

そのため満月の日が、必ずしも中秋の名月であるとは言い切れないわけです。

しかも中秋は旧暦では8月15日ですが、現代の中秋の名月は、これまた9月15日ということでもないことに気付くと思います。

そもそも月の満ち欠け(見え方)と「満月」の出現は、

  • 地球
  • 太陽

の位置関係で決まります。

かつて理科で習いましたよね、筆者はまるで内容を覚えていませんが(汗)

さらに新月から満月までの日数は、13.9~15.6日というふうに幅があるので、旧暦の15日にドンピシャであてはまることは、ほぼ無いわけです。

たまたま今年(2022年)は、中秋の名月と満月が重なるため、千載一遇のチャンスということになります。

次の中秋の名月に満月となるのは、2023年と2030年!!

2年連続のラッキーです。

広告

10月も中秋の名月がある

新月から満月の日数が最大で15.6日ですから、中秋の名月は10月にズレ込むこともあります。

2025年と2028年は、実際に10月にズレ込むと予想されています。

と書いておきながら、直前になるとすっかり忘れていて、

「なぜ、10月?」

なんて、とぼけた会話をするんでしょうなあ、筆者は(汗)

まとめ

「秋と言えば中秋の名月!今年は満月がバッチリ見られるのはどの地域?参考になるサイトは?」というテーマで、中秋の名月について書きました。

よくよく調べると、知らないことばかりでした。

中秋の名月は必ずしも満月ではないということも、調べなければわからなかったことです。

完全にどこかで思い込みが発動したのでしょうね。

当日はマックの月見バーガーでも食べますか。

参照

月見バーガー | メニュー情報 | マクドナルド公式

満月&中秋の名月 十五夜お月さま見える天気 – ウェザーニュース

参考になったらシェアしてくださいね!