キハチのロールケーキのカロリーってどれくらい?賞味期限は?

パティスリーキハチのロールケーキってとっても美味しいんですよね!たまにファミマでも売ってたりして、もういくらでも食べれちゃうのですが、カロリーが気になります。あと、賞味期限ってどれくらいなのでしょう。

パティスリーキハチとは

パティスリーキハチ(Patisserie KIHACHI)は、熊谷喜八がオーナーシェフを務めるレストランKIHACHI(キハチ)の洋菓子店で、生菓子や焼菓子を製造・販売しています。

パティスリー キハチは「素材を生かす」「バイヤーのこだわり」「パティシエの技」という、3つの「本物」にこだわりをもって、生菓子や焼菓子を作っています。

つまり、素材の生産者、バイヤーの確かな目、そしてパティシエの技が相まって、パティスリーキハチの妥協のないスイーツができているというわけですね。

今はちょうど「季節のロール ストロベリー&シトラス」が販売中です(販売期間:2021年1月6日~2月23日)。

広告

キハチロールケーキのカロリー

美味しすぎるパティスリーキハチのロールケーキですが、やはりカロリーが気になります。

ここではパティスリーキハチの代表的なロールケーキ、トライフルロールケーキのカロリーについて見ていきましょう。

公式の発表はないので予想値になりますが、パティスリーキハチのトライフルロールケーキの材料やフルーツなどから換算して、1切れのおおよそのカロリーは400キロカロリーと予想できます。

なかなかのカロリーですよね。いっぱい食べちゃダメですね。いっぱい食べれる経済力もないのですが。

ちなみに、ファミマで販売されたパティスリーキハチ監修のトライフルロールケーキは、1個あたり167キロカロリーだったようです。

ファミマの方が2回りくらい小さいですからね。

キハチロールケーキの賞味期限

気になるパティスリーキハチのロールケーキの賞味期限です。

まずロールケーキの販売が、製造当日の販売のみとなっています。

そして賞味期限も、購入当日までです。

買ったらその日中に食べてね!というわけです。

変な保存料とか一切入っていない生菓子だからでしょうね。

いやー、ますます食べたくなりました(笑)。

広告

キハチのロールケーキが買える場所

キハチのロールケーキが買える場所ですが、パティスリー専門としてのショップは東京を中心に次の5か所。

パティスリー キハチ アトレ恵比寿
東京都渋谷区恵比寿南1-5-5 アトレ恵比寿店 3階

パティスリー キハチ 西武渋谷店
東京都渋谷区宇田川町21-1 西武渋谷店 A館B1階

パティスリー キハチ 羽田空港第2ターミナル
東京都大田区羽田空港3-4-2第2旅客ターミナルマーケットプレイス3階 フードプラザ

パティスリー キハチ 東京ギフトパレット
東京都千代田区丸の内 1-9-1 東京駅八重洲北口「東京ギフトパレット」内

パティスリー キハチ 東大島
東京都江東区大島8-42-14

※新型コロナ感染拡大防止のため、休業中の場合があります。(2021年2月5日現在)

パティスリー キハチ ショップリスト

その他、レストラン・カフェ、フードホールなどでも一部で持ち帰り販売をしているところもあります。

また、キハチのオンラインショップもありますが、焼き菓子が中心で、残念ながらロールケーキはネットで購入できません。

なので、ロールケーキはレストランやカフェでいただくか、パティスリーでお買い求めください。

あとは、ファミマでパティスリーキハチ監修のロールケーキが、季節ごとに発売されることがありますので、それを楽しみにお待ちを(厳密にはあくまでも監修なので、パティスリーキハチで販売しているロールケーキとは異なります)。

まとめ

なかなか普段は食べることのできないキハチのロールケーキ。

頑張ったご褒美として食べれるように、季節のロールケーキを楽しみにしたいと思います。

とりあえず、コンビニのファミマで買えるパティスリーキハチ監修のスイーツをチェックします(笑)。

参考になったらシェアしてくださいね!