2022年 転職に有利な資格・稼げる資格・食うに困らない生涯使える資格 目指すべきはどれ?

2022年に転職に有利な資格・稼げる資格・食うに困らない生涯使える資格について、ご紹介します。それぞれの特徴を理解して、いま自分にとってベストな資格を見つけ、取得に向けてチャレンジしてみてください。

単に資格と言えども

将来が不安ですという人の多くが、そのために何ができるかと考えて行動することの代表に、「資格取得」があげられます。

しかし、資格を取りさえすれば将来の不安が払拭されるかと言うと、そうとは言えません。

この場合の将来に対する不安とは、お金に関する不安でしょうから、資格を取ることでそれが解消できなくては意味がありません。

なので、資格ならなんでも良いわけではなく、「転職に有利な資格」や「稼げる資格」、「食うに困らない資格」を取得する必要があります。

広告

2022年 転職に有利な資格

今の仕事がなくなったらどうしよう…。

こういう不安を抱えている人は、案外多いかもしれませんね。

真面目に働いていても、会社が倒産したり、人員削減があったりする昨今です。

そんなときに、役立つのが転職に有利な資格です。それは次のような資格です。

中小企業診断士
宅地建物取引士
登録販売者
税理士
電気工事士(第二種)
基本情報技術者
応用情報技術者
簿記検定(2級以上)
管理業務主任者
危険物取扱者
消防設備士
保育士
測量士補
旅行業務取扱管理者
衛生管理者

更にプラスアルファであると有利なのがこちらの資格。

TOEIC
英検(準1級以上)
秘書検定(準1級以上)

ただし、これだけではちょっと弱いです。

もはや英語さえできればOK、という時代ではないのですね。

なお、転職に有利な資格とは、今現在の世の中で必要とされている資格ということになりますので、このさきずっと転職に有利というわけではありません。。

2022年 稼げる資格

次に、2022年において、稼げる資格にはどういったものがあるでしょう。

「稼げる」とあるからには、通常よりも稼げる、つまりこの資格を取ることで、一般的な賃金以上に稼げるものということになります。

その資格とは、

宅地建物取引士
日商簿記検定 1級
FP (ファイナンシャルプランナー) 1級
社会保険労務士
MR(Medical Representative)
中小企業診断士
地方公務員
ITストラテジスト
税理士
司法書士
弁理士
行政書士
一級建築士
公認会計士
土地家屋調査士

これらの資格を所有しておくと、最低でも年収600万~という感じでしょう。

広告

食うに困らない生涯使える資格

これまで紹介した資格は、現時点で転職に有利だったり、現時点でわりと稼げる資格でした。

つまり、この先もずっと食べていける資格かと言うと、今すぐにはなくならないものの、将来的には需要がなくなってしまうかもしれないものも含まれていました。

では、生涯に渡り、食うに困らないであろう資格に付いてみていきましょう。それは次のような資格です。

中小企業診断士
宅地建物取引士
看護師
介護福祉士
日商簿記 1級
第一種電気工事士
一級建築士
危険物取扱者 甲種
登録販売者
医療事務

看護師と介護福祉士意外は受験資格はないので、誰でもチャレンジが可能です。

それぞれ資格を活かせる業種は限られてきますので、そういった面も考慮して資格取得に挑みましょう。

また、中にはかなり難易度の高い資格ものもありますので、資格を取得に何年も費やすことになる場合もあります。

生半可な気持ちで取り組んでは、取得に至らず挫折してしまうことになりかねませんし、独学での取得は難しいものがほとんどです。

スクールに通う費用も考慮して、取得チャレンジの計画を立ててください。

まとめ

どんな資格も、社会の中で活用するための資格であるということは、そこに人とのコミュニケーションが存在します。

資格取得といったハードスキルも大事ですが、人とのコミュニケーションスキルといったソフトスキルも重要視されつつある昨今でもあります。

ハードとソフトのバランスの良いスキル習得にツオt芽れば、より盤石な体制が築けると思いますよ。

参考になったらシェアしてくださいね!