楽天プレミアムカードは本当にお得?ビジネスにも活かせる?年会費以上にメリットはあるか?

悩みというものは尽きないもので、今、新たに増えてしまいました。

楽天プレミアムカードの存在です。

ずっと頭の片隅にあったので、良い機会と判断して楽天プレミアムカードが、どこまでメリットがあるのかを調べてみようと考えたのです。

すでにプライベートとビジネス用で、楽天カードを2枚持っています。

さらにもう一枚って、まるで「さくらんぼ」の「もう一回」に呼応したかのようすが、楽天プレミアムカードを新たに使うとなると年会費の負担が増えます。

それも踏まえて、メリットについて確認したいと思います。

クレジットカードばかりが増えていく(汗)

楽天プレミアムカードの概要

まず、どういったクレジットカードなのか、ざっと書き出してみます。

  • 高い還元率
  • 国内外の空港ラウンジが無料で利用可能
  • 誕生月に優待サービス
  • ETCカードの年会費が無料
  • 自動付帯保険が拡充
  • 楽天カードから乗り換えでポイント進呈

このような特徴があるクレジットカードです。

楽天カードや楽天ゴールドカードの上位互換ですね。

ちなみに楽天ビジネスカードというのもありますが、この楽天プレミアムカードの所有が条件となるものです。

ちなみに年会費は、

  • 楽天プレミアムカード:11,000円(税込)
  • 楽天ビジネスカード:2,200円(税込)

ということで、それぞれ利用すると新たな負担が発生します。

年に1度考えると高くはないけど、安くもない・・・。

経費扱いできれば問題無いですけどね。

広告

楽天プレミアムカードのメリット

個人的な観点で書くと、

  • 高い還元率
  • 誕生月に優待サービス
  • 楽天カードから乗り換えでポイント進呈

ぐらいしか魅力が無いことに気付きました(汗)

旅行はほとんどしませんから、国内外の空港ラウンジが無料で利用可能という特典は持ち腐れます。

ETCも必要ないぐらい運転も今は滅多にしませんので、所有する意味が無くなってきつつありますwww

それでも還元率の観点からすると、相当に高いんですよね。

損益分岐点をチェック

楽天プレミアムカードを持つか持たないかは、損益分岐点を知って、今よりメリットが見えるならば乗り換えが吉となります。

その損益分岐点ですが、楽天市場での年間利用金額を把握することで、ある程度の判断がつきます。

楽天プレミアムカードの年会費は11,000円ですから、毎月1,000ポイント以上ゲット可能なら、利用する価値があると判断可能です。

1,000ポイントを得るには、通常ポイントは1%ですから10万円・・・ではありません。

楽天会員登録、楽天カード通常分、楽天カード特典分の3%で計算しなければならないので、月3.5万円以上コンスタントに利用していれば、大体、ペイできるイメージです。

その他にも、楽天市場アプリからの注文、楽天銀行や楽天証券の開設と運用、楽天モバイル契約、会員ランクなどの諸条件が揃えば、損益分岐点はもっと下がります。

広告

楽天プレミアムカードが最適な人

一応、楽天プレミアムカードは、他社で言うところのむプラチナカードレベルに相当するポジションです。

そんな感じは一切しないほど、気さくな感じですけどねwww

色がゴールドだからという面もありますけど、それはさて置き、どういう人がふさわしいかと言えば、

  • 楽天市場での買い物頻度が高い
  • 楽天グループのサービスを多く利用している
  • 国内外を飛び回っている
  • 限度額を高くしたい

という目的がある人だと言えそうです。

それ以外に見栄とかだと、デメリットの方が大きいかもしれません。

まとめ

「楽天プレミアムカードは本当にお得?ビジネスにも活かせる?年会費以上にメリットはあるか?」というテーマで、楽天プレミアムカードのメリットについて書きました。

還元率は確かに高いですが、それ以上に楽天市場での年間利用金額、さらには楽天グループのサービス利用状況なども鑑みて、判断するしかありません。

参照

楽天プレミアムカード|楽天カード

関連記事

楽天カードと楽天プレミアムカードの2枚持ちはOK?切り替えの場合番号は?

参考になったらシェアしてくださいね!