ケーブルテレビでnhk受信料ばれる|BSや二重払いについても

ケーブルテレビ(CATV)でもNHK受信料は必要

日本では、NHKの放送を受信できるテレビを設置すると、NHKと放送受信契約(俗に言うNHK受信料のこと)をする必要があります。

この契約はテレビの台数ではなく、世帯単位での契約なのです。家にテレビが1台でも10台でも1契約ということです。そして、世帯の人数が1人でも10人でも1契約になります。ただ、2世帯住宅のように、2世帯で一緒に住んでいる場合は、それぞれ契約しなければいけません。

では、ケーブルテレビの場合はどうでしょうか?ケーブルテレビの契約にはNHK受信料の支払いは含まれていません。あくまでもケーブルテレビの料金とNHKの受信料は別物になります。

 

広告

NHKの受信料の未納がばれる

NHKと個別に契約するのなら、ケーブルテレビで見ていれば、もしかしてNHK受信料を払わなくてもばれないのでは?と思う方もいるかも知れませんね。でも逆に、ケーブルテレビを契約すると、その契約がNHKに伝わり、NHKの訪問員(契約を取りに来る人)がすぐにやってくるのではないのか?と心配になってしまう方もいるでしょう。

しかし、NHKの放送を受信できるテレビを設置したら、見ようが見まいが、NHKと受信契約をする必要があります。ばれるとか、ばれないとかではありませんね。そして、ケーブルテレビと契約するまでにNHK受信料を払っていない場合は、遡って請求されてしまいます。払いたくないからと言って、払わないのは問題です。

 

ケーブルテレビでは二重払いにならない

ケーブルテレビに利用料を払っているのに、さらにNHKに受信料を払うのは、二重払ではないかと考える方もいるようです。しかし、ケーブルテレビの契約には、NHKの受信料が含まれてはいないので、二重払とはなっていません。

こちらのNHKの公式サイトでも、「よくある質問集」に書かれています。

>>>ケーブルテレビに利用料を払っているのに、なぜNHKにも受信料を払うのか

 

広告

ケーブルテレビの衛星放送(BSチャンネル)もNHK受信料が必要

BS放送もNHKの受信契約が必要です。地上デジタル放送は「地上契約」で、BSデジタル放送は「衛星契約」となっています。ケーブルテレビでBS放送を受信できるようにしてあると、地上契約と同様に、衛生契約が必要になります。これもケーブルテレビの料金には含まれていません。パラボラアンテナの有無は関係ないのです。

 

ケーブルテレビでNHK受信料が割引になることも

ケーブルテレビの加入者や、マンション管理組合などで、衛星契約の方が15人以上まとまって「団体一括支払」という方法もあります。この「団体一括支払」とした場合は、衛星受信料が1件あたり月額200円が割引されるというものがあります。

ただし、ケーブルテレビ会社によっては、このような手続きをしていないところもあるので、契約したケーブルテレビに聞いてみると良いでしょう。

 

ケーブルテレビとNHKの都市伝説

ケーブルテレビに申し込み、「工事が終わった途端にNHKの訪問員がやってきた」という人がネットなどに書き込むことで、ケーブルテレビとNHKは裏でつながっているのではないか?という都市伝説がまことしやかに流されています。

しかし、民間企業のケーブルテレビが、顧客情報を裏で流しているというのは考えにくいものです。しかし、こういった噂は途切れること無く流されているのも現実としてありますね。

そこで、他の理由も考えてみましたが、ケーブルテレビの工事をやっているところを、NHKの訪問員が追いかけている可能性はあります。訪問員も歩合給と言われていますから、契約をとりたいわけです。「ケーブルテレビの工事=テレビをこれから見る」わかりやすい構図ですね。

 

そうそう、訪問員さんが来て、契約の話をする前に最初に、「今日、テレビの映りは問題ないですか?」と聞いてくるという都市伝説もあります。

これに、「ええ、問題ないですよ」なんて気軽に答えると、契約を求められますからご注意を。。。

 

参考になったらシェアしてくださいね!