160センチでbmi16だったら体重は何キロに?BMIの計算方法やBMI16のデメリットについて

芸能人にはBMI16の人が多いといわれていますが、身長160センチでBMIが16の場合、体重は何キロになるのでしょうか?BMIの計算方法やBMIの判定基準について、また、BMI16になった場合の健康面でのデメリットについてもお伝えします。

BMIとは

BMI(Body Mass Index)とは、日本語では「ボディマス指数」と「かボディーマスインデックス」と呼ばれ、身長と体重から算出される肥満度を表す体格指数のことです。

BMIは、成人では国際的な指標として用いられますが、子供には別の指標が存在します。

広告

BMIの計算方法と判定基準

BMIは、体重(kg) ÷ {身長(m)の2乗}で求めることができます。

BMI = 体重kg ÷ (身長m)2乗

BMIの計算式は世界共通ですが、肥満の判定基準は国によって異なります。

日本肥満学会では、「BMI:22」の体重が統計的に最も病気になりにくいことから、適正体重(標準体重)とされています。

適正体重は以下の式で求めることができます。

適正体重 = (身長m)2乗×22

BMI:18.5~25を普通体重、BMI:25以上を肥満、BMI:18.5未満を低体重(痩せ型)と分類され、肥満は糖尿病・高血圧・脂質異常など生活習慣病のリスクが高くなり、低体重は栄養不良・慢性進行性疾患などが生じることがあります。

160センチのBMI

では、身長160センチのBMIについて見ていきましょう。

160センチの適正体重

身長160cmの男女の適正体重(BMI:22)は以下のように計算することができます。

1.6m × 1.6m × 22 = 56.3kg

160センチの普通体重

身長160cmの男女の普通体重(BMI:18.5~25)は、47.4kg以上 64kg未満です。

160センチの肥満体重

身長160cmの男女の肥満体重(BMI:25以上)は、64kg以上です。

160センチの低体重(痩せ型)

身長160cmの男女の低体重(BMI:18.5未満)は、47.4kg未満です。

身長160センチの場合、体重が64キロを超えたら要注意ということですね。

広告

BMI16とは

BMIを基準にした理想体重として、「美容体重」「シンデレラ体重」「モデル体重」などがあります。

美容体重(BMI:20)は、普通体重の範囲内なので、痩せてはいますがほどよく脂肪もあり、スタイルが良く見えるので、理想体重として目指す人が多い体重です。

シンデレラ体重(BMI:18)やモデル体重(BMI:17)は、テレビや雑誌などで見る有名人のようなスリムな体型ですが、低体重に判定される体重なので、痩せすぎに見えてしまったり、免疫力の低下や生理不順など、健康面にも影響が出てしまうケースもあります。

また、テレビや雑誌で活躍する芸能人にBMI16が多いことから、基準として目指す女性も多いようでが、BMI16とは痩せているモデル体重よりさらに低い数値です。

これは芸能人という特殊な職業だからこそ必要な数値であって、この体重と美しさを維持するためには、専門家によるトレーニングや食事制限が必要になります。

160センチでBMI16とは

まずは、身長160センチの場合の美容体重・シンデレラ体重・モデル体重について、具体的に見ていきましょう。

160センチの美容体重

身長160cmの美容体重(BMI:20)は、51.2kgです。

160センチのシンデレラ体重

身長160cmのシンデレラ体重(BMI:18)は、46.1kgです。

160センチのモデル体重

身長160cmのモデル体重(BMI:17)は、43.5kgです。

では、身長160センチでBMIが16だと…、

160センチBMI16とは

身長160cmのBMI:16の体重は、41kgです。

ちょっとこれでは痩せすぎですね。モデルよりも痩せているとなると、痩せすぎでちょっと不健康に見えてしまうかもしれません。

BMI16の健康面でのデメリット

ダイエットでBMI16になった場合、適正体重よりもはるかに少ないので、体にさまざまな不調が出てくることが考えられます。

主に、冷え性・摂食障害・女性ホルモンの低下などです。

冷え性

BMI16の低体重になると、体に熱量を生み出してくれる筋肉量も減ってしまうので、冷え性になりやすくなります。

痩せたことによる自律神経の乱れが原因で、体温調整がうまくできずに体が冷えてしまうこともあります。

摂食障害

BMI16になるための辛いトレーニングや極端な食事制限によって、拒食症になってしまうことが考えられます。

また、極端な食事制限によって栄養不足になると、その反動で過食になってしまう場合もあります。

女性ホルモンの低下

BMI16になるための食事制限によって栄養不足になると、女性ホルモンが低下し、生理不順・不妊・更年期障害などの危険性が高まります。

他にも、体力が落ちて疲れやすくなったり、カルシウム不足によって骨粗鬆症になる危険性が高まったりすることなどが挙げられます。

まとめ

身長160センチでBMIが16の場合、体重は41kgとなりますす。

最も病気になりにくいとされる適正体重が56.3kg、理想体重として目指す人が多い美容体重でも51.2kgです。

さすがにBMI16となると、これは芸能人という特殊な職業にあるからかもしれませんが、明らかに痩せすぎです。ひょっとすると、芸能人のBMI16もサバを読んでいるかもしれませんよ。

仮にBMI16とすると、健康面でも様々なリスクが生じますし、美しく体重を維持するためには専門家のサポートは不可欠でしょう。

あまり情報に振り回されず、健康あっての理想体型を目指すよう心がけてください。

参考になったらシェアしてくださいね!