謝罪文は例文を参考にしよう!個人的事情のトラブルを詫びる謝罪文の例文を大公開

謝罪文

人生の中で謝罪することって、何十回、何百回あるかわかりません。
謝罪といっても口頭で済む程度の軽いものから、謝罪文を書くに至る重いケースまで、さまざまです。

思い返せば、子どものころから反省文を書かされたケースは何度もある(汗)のですが、謝罪文は書いた経験はありません。

謝罪文を書いた経験が無い場合、そのような機会が万一でもあったとしたら、非常に困ると思います。
会社などでは謝罪文の例文を用意していると思いますが、個人で用意している人はいないはずです。

そこで謝罪文の例文をはじめ、どのような点に気を付けるべきなのかを情報共有したいと思います。

謝罪文で個人的事情の場合に拝啓や敬具などを用いるのか

ご近所トラブルは起こしたくありませんが、何が相手の琴線に触れるかわかりません。
こちらの常識はあちらの非常識ということもあります。

来客があって会話が外に漏れた、音楽のボリュームが大きすぎた、大声で電話を繰り返してしまったなど、理由の如何を問わず謝罪はしなければなりません。

対面での謝罪がもっとも効果的ではありますが、手紙による謝罪文は、関係性の改善を図るために重要なアイテムとなります。

謝罪文の書き出しでは「拝啓」「敬具」は使用せず「前略」「草々」が適切です。

広告

謝罪文の例文

ついうっかり迷惑駐車をしてしまった仮定での謝罪文の例文です。

前略
この度は、私の車を路上駐車をしてしまい、〇〇様の通行を妨げてしまったことを、深くお詫び申し上げます。
認識の甘さゆえの行為であり、全責任は当方にあることは間違いございません。

少しの時間ならと、自分に都合の良い考え方を改め、迷惑駐車になることを想定せずに軽はずみな行動を恥じるとともに、非常に深く反省しております。

今後一切、〇〇様のご迷惑にならないよう、路上駐車を決して行わないことを誓います。
切に、お許しをいただけますよう、よろしくお願い申し上げます。

本来ならばお伺いして謝罪すべきではありますが、帰宅時間が深夜に及ぶこともあり、誠に失礼ながら書面にて迷惑駐車のお詫びを申し上げる次第でございます。

誠に申し訳ございませんでした。
敬具

謝罪文でよく使われる定型句

謝罪文にふさわしいフレーズというものをまとめました。

  • 申し訳ございません
  • 失礼いたしました
  • 謝罪いたします
  • お詫び申し上げます
  • 多大なご迷惑をおかけしたことを深く反省しています

実に当たり前のフレーズですが、SNSによるフレンドリーな連絡に慣れてしまい、敬語や丁寧語を使って謝罪の意を伝えることが苦手な人も見受けられます。

謝罪文によって相手のさらに不快な気持ちにさせないようにしたいものです。

絶対に「ごめんなさい」「申し訳ない」「許してほしい」「また仲良くしてね」などは、謝罪文に関しては避けた方がよいです。

 

続いて、謝罪文について避けた方が望ましいことについてです。

参考になったらシェアしてくださいね!