しゃちほこトピックス > 雑学豆知識 > パーコレーターの使い方と仕組み パーコレーターに最適な豆で美味しいコーヒーを淹れよう!

パーコレーターの使い方と仕組み パーコレーターに最適な豆で美味しいコーヒーを淹れよう!

パーコレーターは、キャンプなどのアウトドアでコーヒーを淹れて飲むのによく使われてる人気のコーヒー抽出器具です。そんなパーコレーターの使い方や仕組みを理解し、美味しいコーヒーを淹れるポイントを解説します。パーコレーターに合っているコーヒー豆や淹れ方のちょっとしたコツなどもご紹介します。

パーコレーターとは

パーコレーターは、19世紀ごろにフランスで生まれたコーヒーを抽出する器具です。西部開拓時代にアメリカで普及しました。

パーコレーターの特徴は、挽いたコーヒーの粉と水があれば、コーヒーフィルターなどがなくても、手軽にコーヒーを淹れることができることです。

また、コーヒーの粉をセットしたら、やかんのように直接火にかけておくだけでコーヒーを淹れることができるので、アウトドアでも手軽にコーヒーが楽しめます。

パーコレーターの仕組み

パーコレーターのパーツと仕組みについて説明します。

メーカーやモデルにより多少の違いはありますが、基本的にパーコレーターは主に次の3つのパーツで構成されています。

  • フタのトップに透明のノブがついたポット
  • コーヒーの粉を入れるバスケット部
  • お湯を汲み上げるパイプ
    ※バスケットとパイプを合わせてストレーナーと呼ばれたりもします

続いて、パーコレーターによるコーヒー抽出の仕組みを説明します。

お湯が沸騰することでポット内の水が気圧によって吸い上げられ、パイプを通じて上部のバスケット内のコーヒーの粉にお湯が注がれます。

そのコーヒーが抽出される下のポット部に落ちていき、それがまた温められてパイプを通じ上部へ。この循環が繰り返されることでコーヒーが徐々に濃く抽出されていきます。

上部の透明な蓋からコーヒーの抽出状態を確認し、抽出の濃さを見極めます。時間が経つほど濃いコーヒーとなるので、途中で止めないと渋いコーヒーになってしまうのが抽出時の注意点です。

パーコレーターの使い方

もう少し具体的に、パーコレーターの使い方について説明します。

パーコレーターを使ったコーヒーの淹れ方は、次の通りです。

  1. コーヒーの粉をバスケットに入れて蓋をする
  2. パーコレーター本体に水をいれて沸騰させる(バスケットはまだセットしない)
  3. 沸騰したら一度火からおろし、コーヒーの粉の入ったバスケットをセットする
  4. 本体を弱火で再度火にかけてコーヒーを抽出する(だいたい4分くらい)
  5. フタのツマミから見える抽出液の色で濃さを確認し、好みの濃さになったら火を止めて完成

パーコレーターで美味しいコーヒーを淹れるコツ

パーコレーターを使用して美味しいコーヒーを淹れるには、次のポイントに注意してください。

使用するコーヒー豆について

パーコレーターはコーヒー豆とお湯の接触している時間が長い抽出方法なので、深煎りよりも浅煎りのコーヒー豆の方がコーヒーの旨味を抽出することができます。

また豆の挽き具合は、バスケットの穴よりコーヒーの粉が落ちない程度の粗挽きがおすすめです。

水とコーヒーの粉の分量に注意

パーコレーターでコーヒーを淹れるときの水に対するコーヒー豆の分量の配分は、次の数値を目安にすると良いでしょう。

水:約160ml
コーヒー豆:約16g

粗挽きのコーヒー豆を使用するので、普通に淹れる場合よりもコーヒーの豆を少しだけ多めに使用するのが、パーコレーターで美味しいコーヒーを淹れるポイントです。

弱火でじっくり抽出

水が沸騰して一旦火からおろしたら、挽いたコーヒー豆を入れたバスケットをセットし、1~2分火にかけずに蒸らすと良いです。

また、火をかけてからも強い火力にせず、弱火で3~4分を目安に抽出してみてください。途中でフタは開けず、フタのつまみから見えるコーヒーの色で濃さを確認しましょう。

長時間抽出すると苦みや雑味が増えるので、あまり長時間火に掛けるのはおすすめできません。

少しだけ時間を置いてから飲む

パーコレーターで淹れたコーヒーは、コーヒーの粉が一緒に落ちてしまうため、火を止め約1分ほど時間を置き、コーヒーの粉が沈んだのを待ってから、粉が入らないようにゆっくりとカップに注ぐようにしてください。

パーコレーター選びのポイント

これからパーコレーターを買うのであれば、次のポイントを意識して選びましょう。

サイズで選ぶ

パーコレーターは3カップ用の小さなものから8カップ用の大きなものまで、サイズのバリエーションが豊富にあります。

アウトドアで使うのであれば、コンパクトなものや取っ手を外せるものが便利です。

また、パーコレーターはコーヒーをつくる以外にも、お湯を沸かしたり、パスタを茹でるといった調理にも使えます。そういった用途も兼ねるのであれば、少し大きめのものを選ぶと良いでしょう。

自分の使用スタイルに合ったものを考え、見合ったものを選んでください。

素材で選ぶ

アウトドアでのみ使用するのであれば、軽くて持ち運びやすいアルミ製や、耐久性が高く直火にも強いステンレス製がおすすめです。

自宅使用がメインであるのなら、おしゃれなホーロー製やガラス製などを選ぶのも良いでしょう。ガラス製のパーコレーターはコーヒーの濃さが一目瞭然なので、抽出時の調節がしやすいです。

IHキッチンで使用する場合には、IH対応タイプであることを確認することを忘れないようにしてください。

まとめ

パーコレーターはコーヒー豆をセットして火にかけておくだけで、簡単にコーヒーを淹れることができる人気のアイテムです。主にキャンパーに人気があります。

仕組みや特徴をよく理解することで、美味しいコーヒーを手軽に淹れることができます。

大きいサイズのものを選べば、一度にたくさんのコーヒーを淹れたり、調理に使うといったこともできます。

さまざまなサイズや素材のパーコレーターがありますので、自分のスタイルや用途に合ったものを探してみてください。

参考になったらシェアしてくださいね!