みんなの理想の休日数は?週休1日は違法じゃないの?既に週休3日制を導入している企業も!

みんなの理想の休日数は一体何日なのでしょう?そして現在多くの人の週休は何日が最も多いのでしょうか。週休1日の企業は違法じゃないのか、どの業種の休みが少ない傾向にあるのか、既に週休3日制を導入している企業についてもお伝えします。

みんなが望む理想の休日数は?

皆さんのお仕事は週休何日でしょうか。

そして週休何日だと理想的でしょうか。

多くの人は「週休3日」が理想的だと考えているようです。

とある調査では週休3日がいいと答えた人が、およそ80%だったそうです。

中には「週休4日」や「週休5日」と答えた人もいたそうですが、まぁこれはちょっと夢見すぎですよね(笑)。

でも、確かに週休3日だと、生活的にもかなり理想的なバランスのような気がします。

広告

実際の週休はどれくらいか

では現実的に、実際の週休はどれくらいの人が多いのでしょう。

週休制の形態別適用労働者割合によると、「隔週等含む週休2日」という人はおよそ70%で、「完全週休2日」という人がおよそ60%のようです。

やはりみなさん、週休2日が最も多いのですね。でも完全週休2日という人が、意外と少ないなと感じました。

ちなみに、週休1日という人の割合は、7%程度いるそうです。

中には休みが決まっていないという人も16%ほどいますが、なんだかブラックな香りがしますね。

週休1日は違法じゃないの?

昭和の頃はサラリーマンでも日曜日しか休みがないといった感じでしたが、徐々に休みが増え、学校もそうですが、今では週休2日がかなり定着しています。

そんな中、今でも週休1日という会社があるようですが、これは違法ではないのでしょうか。

そう思って調べてみたところ、現在でも週休1日は法律上違反にならないギリギリの年間休日ラインのようです。

労働基準法では、1週間に40時間以内(1日8時間以内を原則)とし、休日は週1日以上、4週間のうち4日以上の休日を設ける、ということが定められているようです。

つまり、1日6.5時間労働だと、週6日勤務の週休1日制でも、一応法律には触れていないということになります。

ちなみに、週休1日制の多い業種は、技能職や作業職です。

週休2日を希望するのであれば、仕事を探す際は技能職や作業職は避けた方が無難かもしれません。

広告

週休3日制を導入している企業が増えてきている

多くの人が理想的と考える「週休3日」ですが、実は既に導入している企業もあります。

全体の割合で言うと、8%弱の企業が実は既に何かしらの形で週休3日制を導入しているそうです。

例えば、宅配業者の佐川急便やアパレルのユニクロ、アウトドア商品を取り扱うアルペン、コンピューター企業の日本IBMなどは、既に週休3日を導入しているようですね。

各社それぞれ条件は色々とあるようですが。

また、こうした週休3日制を導入する企業は、年々増加傾向にあります。

つまり、皆さんが望んでいる週休3日制は、そう非現実的なものでもなくなりつつあるということです。

年間休日で考えてみると

ちょっと目線を変えて、年間休日数で考えてみたいと思います。

普段は週休2日でも、多くの企業では祝日が休みだったり、夏休みや年末年始の休みなんかもあるかと思います。

1年は52週ですので、週休2日のみで計算すると休みは104日。現在はそこに年間の祝日16日とお盆とお正月休み10日程度を合わせると、年間での休みは130日程度になります。

仮に週休3日だと、52×3で156日。その差は26日になので、月に均すと2日ちょっと。

つまり、今完全週休2日制で、祝日休みでお盆と正月の休みがある人は、更に月に2日程度休むと、週休3日なイメージになります。

あと月に2日休みが増えたら、随分とラクになるなって感じでしょうか。

ちなみに、週休3日になったら、男性は趣味に、女性は休息に増えた休日の1日を充てたいと考える人が多いそうです。

まとめ

みんなの理想の休日数は「週休3日」のようです。

休みが週に1日増えたら、その1日は男性は趣味に、女性は休息に充てたいと考えている人が多いようです。

男性は女性よりも夢想家が多いので、増えた休日は自分の楽しい時間に使いたいと思うのでしょうね。

それに対して、女性は体力的にも週5日働くのがキツいと感じている人が多いのかもしれません。

週休3日制を導入する企業も年々増え始めているようです。

いまは働き方の多様化も進みつつありますから、今後はもっとそれぞれが自由な形で働けるような、そんな未来が来るのではないかと期待しています。

参考になったらシェアしてくださいね!