仙台の超優良企業アリスオーヤマのベースアップ率がすごい!正社員2500人超が対象

アイリスオーヤマ

春と言えば、卒業式、入学式、入社式、入試、バレンタインデーにホワイトデー、確定申告とイベントが目白押しです。

1月は行く、2月は逃げる、3月は去るとはよく言ったものですね。

企業は春闘でピリピリムードの気がしますが、大手企業のベースアップも話題になります。
しかしコロナ禍とあっては、なかなか厳しい回答になっている模様です。

ただしアイリスオーヤマは別でした。

アイリスオーヤマの企業概要

小さな家電メーカーでしかなかったのですが、ここ数年間でグイグイきてます。

家電量販店でも製品は見かけますし、通販では真っ先にチェックするようになりました。

今はもう家電メーカーとは言えないほど、生活用品の企画、製造、販売と広い範囲で事業を展開しています。

なぜ家電が売れるようになったのは、2012年以降は大手の家電メーカーでリストラにあった人材を積極的に採用したからです。

いい会社じゃないですか。
使い捨てる大手企業は人材流出による価値損失を何とも思っていないのかもしれませんね。

アイリスオーヤマ株式会社 | IRIS OHYAMA Inc.

広告

アイリスオーヤマのベースアップ

正社員2,589名を対象に平均3.9%、金額にして5,000円~35,000円のベースアップを、4月1日より実施です。

2020年度の売上高は過去最高の2185億円(前年比:136%)を記録しただけあります。
経常利益も12.4%で増収増益で、しっかりと社員に還元する姿勢もいいですね。

就活生は企業ブランドじゃなくて、こういう側面を見て欲しいものです。

じゃないと人生を棒に振りますよ。

ベースアップは基本給の底上げと考えてください。

例えば、大卒初任給が22万円(基本給)だったとします。
ベースアップによって、新年度の大卒初任給は22万円プラスαになるということです。

アイリスオーヤマの新規事業

アイリスオーヤマは止まりません。

AI・IoT事業、ロボティクス事業、飲料水事業に参入済み。
さらには今年、除菌ウェットティッシュ事業、N95マスク事業への参入が計画されています。

2022年グループ売上高1兆円を目指しているとあって、ベースアップで人材を確保する目的もあるようです。

飲料水事業は静岡県にすでに天然水と強炭酸水の工場が稼働しています。
もしかするとスーパーなどで見かけている人もいるかもしれません。

事業の目的は、今後想定される首都直下地震、南海トラフ地震といった大規模災害発生に備えてのものです。

いまさら天然水?と思いましたが、被災各地に必要不可欠な飲料水を供給する体制を作っておく狙いもあります。

売れるから提供するというだけではなかったんですね。

広告

まとめ

本社が仙台市にありますが、恐らく東京には移転してこない気がします。

いつまでも仙台の超優良企業であって欲しいです。

参考になったらシェアしてくださいね!