しゃちほこトピックス > 仕事・キャリア > YouTubeを始めるのに準備するもの・動画作成に必要なもの 収益化の条件と副業について 確定申告は必要?

YouTubeを始めるのに準備するもの・動画作成に必要なもの 収益化の条件と副業について 確定申告は必要?

YouTubeを始めるのに準備するものやコンテンツ用の動画作成に必要なものについて説明します。また、YouTubeを収益化するための条件やYouTubeを副業とする場合についての注意点、確定申告の必要の有無などについても解説します。

YouTubeを始めるのにお金はかかる?

これからYouTubeを始めたいというかたについて、基本となることを解説していきます。

まずはYouTubeを始めるのにお金はかかるのか?ということが気になっている方もいるかと思いますが、YouTubeは始めるのにお金は一切かかりません。

なので気軽に始めることができますし、やめるのも自由です。

収益化を目指すなら、はじめに考えるべきこと

YouTubeで収益を得ようと思っているなら、はじめにどういったジャンル(テーマ)のチャンネルを作るか、考えてから始めたほうが良いでしょう。

というのも、YouTubeの視聴者は、ある程度自分の興味のあるテーマを探して、視聴しているからです。そして気に入ったチャンネルを見つけると、チャンネル登録をします。

YouTubeで収益を上げるには、チャンネルの運営者はこうしたチャンネル登録者を増やしていく必要があります。

また、同じテーマで動画を作ることで、動画を見終わった後に表示される「おすすめ動画」にも表示されやすくなり、再生回数を増やすことに繋げやすくなります。

YouTubeを始めにあたり準備するもの

YouTubeを始めるにあたり準備するものがあります。

それは、

  • Googleアカウントの取得
  • YouTubeチャンネルの作成

です。

Googleアカウント1つに対して、複数のYouTubeチャンネルを作成できます。

流れとしては、

  1. Googleアカウントの取得
  2. YouTubeにログイン
  3. ユーザープロフィールの設定:
  4. チャンネルの作成(チャンネル名と詳細情報の、チャンネルアートのアップロード)
  5. 動画のアップロード(動画の設定と詳細情報の入力)
  6. チャンネルのカスタマイズ

これらのステップを踏むことで、YouTubeチャンネルを開始し、コンテンツ(動画)をアップロードできる状態になります。

アップロードした動画は、公開・限定公開・非公開の3つの設定ができます。非公開にすれば誰にも見られることはありませんので、試しにアップして練習などしてみると良いでしょう。

動画作成に必要なもの

YouTube用の動画を作るにあたり、必要となる機材は、

  • 撮影用のカメラ
  • 編集ソフト

です。

しかし、これもどのような動画を作るかによって変わってきます。

極力お金を掛けずにスタートするのであれば、スマホのカメラ機能を使って動画を撮り、動画編集アプリで編集するといった、スマホ1台で完結も可能です。

YouTubeを始めてみて、この先も続けたいと思ってから、機材を少しずつ揃えていくのが無駄もなくて良いと思います。

本格的に動画を作るとなると、

  • 撮影用カメラ(複数台)
  • 三脚、証明、マイクなど
  • 動画編集用パソコン(それなりのスペックが必要)
  • 編集用大型ディスプレイ
  • プロ用の動画編集ソフト
  • グラフィック系ソフト(Photoshop、Illustratorなど)

といったものが必要となってきます。

ただし、きれいで凝った作りの動画を作れば、YouTubeでの収益も大きくなるかと言うと、そうでもないところがYouTubeの難しいところであり面白いところでもあります。

収益化の条件

YouTubeを収益化するには、いくつかの条件をクリアする必要があります。

  1. 18歳以上である(Google AdSenseの登録を保護者に代理登録してもらうことでクリア可能)
  2. チャンネル登録者数:500人以上
  3. アップロードした動画が3本以上
  4. 過去12ヶ月間の合計視聴時間:3,000時間以上(またはショート動画の直近90日間で300万再生以上)

これらをクリアすることで、収益化の申請ができるようになります。

収益化を開始するにはGoogle AdSenseアカウントを作成し、YouTubeチャンネルと関連付けします。

チャンネルの収益化が認められると、毎月月末締めで、その翌月10日に確定し、振込予定額が8000円以上であれば25日頃に指定した銀行口座へ振り込まれることになります。

YouTubeを副業することについて

YouTubeを無事収益化でき入金されるようになったら、気をつけなければならないことが確定申告です。

YouTubeでの収入は立派な副業なので、確定申告が必要となります。

ただし、年間20万円以下であれば雑所得として処理することで、非課税となります。

また、個人事業主として登録すれば、YouTubeチャンネルの運営で掛かった費用を経費とすることもできます。

当然、勤務している会社が副業禁止の場合は、そもそもYouTubeで稼ぐことについて、始める前に考える必要があります。

年間20万円以下の収益であれば、雑所得になりますので、さほど気にする必要はないと思います。

まとめ

YouTubeを始めるにあたり、お金は一切かかりません。

YouTubeを開始するにあたり必要なのは、

  • Googleアカウントの取得
  • YouTubeチャンネルの作成

です。

収益化を目指してYouTubeを始めるのであれば、最初に扱うテーマ(ジャンル)を決めてからチャンネルを作成するほうが、チャンネル登録者数を増やしやすく、再生回数も稼ぎやすいでしょう。

YouTubeコンテンツ用の動画作成に最低限必要な機材は、

  • 撮影用のカメラ
  • 編集ソフト

です。

どちらもスマホ1つで間に合わせることも可能です。

始めはあまり機材にお金をかけず、少しずつ機材を充実させていくと良いでしょう。

YouTubeを収益化するには、

  1. 18歳以上である(Google AdSenseの登録を保護者に代理登録してもらうことでクリア可能)
  2. チャンネル登録者数:500人以上
  3. アップロードした動画が3本以上
  4. 過去12ヶ月間の合計視聴時間:3,000時間以上(またはショート動画の直近90日間で300万再生以上)

といった条件をクリアする必要があります。

収益化で得た報酬は、毎月月末締め、翌10日確定、25日頃に支払い(振込予定額が8000円以上)となります。

YouTubeで年間20万円以上の収益を得た場合は、確定申告が必要となります。

YouTubeの収益も副業に該当しますので、副業が禁止の企業に努めている場合は、YouTubeで稼ぐことについて最初に考える必要があるでしょう。

参考になったらシェアしてくださいね!