アナログとデジタルの二刀流が心地よい!二兎を追うものは一兎も得ずはもう古い?

業務スケジュールやメモなど、今はデジタルのツールも充実していて、正直、迷います。

会社員の場合は、会社が用意したツールを使うことが求められますが、またITが発展途上だった20年30年前は、中間管理職だけがアナログという会社珍しくなかったようです。

もしくは古参の社員がツールの使用に抵抗して、

パソコンなんて遊び道具だ

なんて暴言を吐いていた時代もありました。

自分が理解できないからと言って「遊び道具」だなんてセリフ、恥ずかしいったらありゃしない(汗)

アナログとかデジタルとか関係なしに、今は二刀流という言葉もあるように、どちらも使えばいいんです。

そのようなことについて個人的見解を書いてみたいと思います。

何でも派閥にしたがる日本人

なぜ、わざわざ面倒くさい集団を作りたがるのか、日本人でありながら理解できない筆者です。

  • 私は●●派
  • 私は〇〇派

どっちだっていいじゃない。

グループを組みたがる人も苦手ですね。

特に女性の場合、小さなグループがいくつもあって、たまにトレードや移籍があるとか。

トレードや移籍の理由は、「気にくわないからシカト」という要は仲間外れが多いとも聞きますが、本当でしょうか(汗)

群れたがりな人は昔から苦手でして、今でもひとりが大好きです。

ひとりだと集団のスキマを縫って行動できるので、意外に快適なんですよ。

広告

二刀流の否定はおかしい

大谷翔平選手が見事に二刀流を果たしたものですから、一気に市民権を得た二刀流という言葉。

それ以降は「あざとく」いろんな方面で二刀流の大合唱というのも、面妖なはなしですよね。

きっとそれまでは、「二兎を追うものは一兎も得ず」、なんて訳知り顔で説教していた人も、掌返して生きていることでしょう。

まったくコッカ悪いことだ。

筆者は「二兎を追うものは一兎も得ず」は全く信用してませんでした。

中途半端に終わって結局失敗することを表わすことわざですが、本人が納得すれば、それでいいじゃないかというのが持論だからです。

マルチスクは称賛される

二刀流とか二足の草鞋は、以前から否定される傾向でしたが、なぜかマルチタスクは称賛されるという、訳の分らない風潮に疑問を抱かない人がいるのには驚きでした。

マルチタスクも二刀流も二足わらじも、本質は同じじゃないですか。

ホントに否定してきた人の頭の中が理解できません(汗)

汗水流して・・・と、これまたITやSNS、仕事の仕方が急に変わり始めたころは、これまた訳知り顔で労働の何たるかを説く人もいましたが、

だったらパソコンはアナタに不要だね

と言いたい気分です。

ソロバンか電卓でがんばって頂きましょう!

広告

失敗が許されないお国柄

二刀流や二足の草鞋を否定する人が多い根底には、失敗を許さない、失敗は何の糧にもならないと思い込んでいる人が、想像以上にたくさんいるからです。

だから「いい会社に入って、いい給料もらって、安定が一番だ」なんてことが当たり前とされてきました。

今は?

結局、失敗が許せない、失敗した後のリカバリーが不安で仕方がない思考になっちゃってるということでしょう。

失敗したとしても、得るものはたくさんあるわけです。

チャレンジしない人よりは確実に何かを身に付けているので、損かどうかは、実はわからないのが真相だと考えています。

受験に失敗してもいいのか論者

チャレンジしないとか、失敗を恐れているなんて意見を出すと、必ず、

  • 受験は失敗できないじゃないか!
  • 就職だって厳しい時代だ!

とか、また正義感を丸出しにした、失敗経験の無い人がまくしたてます。

誰も受験に失敗してもいいなどとは言ってないのにですよ。

実は意外と「うまくいってる人」がイチャモン主だったりするんです。

自分たちは失敗してないから、失敗すると可哀そうだという理屈からの意見。

ね、無責任も甚だしいですよね。

中には、つらい体験をした人のリアルな声もありますが、だけども、そういう人だって努力の末に、人並み以上に生活できてるケースがあるわけです。

そりゃ受験の失敗はきついですよ。

だけども、ほとんどの人は努力の末に立派に生活してるじゃないですか。

素晴らしいことですよ。

まとめ

「アナログとデジタルの二刀流が心地よい!二兎を追うものは一兎も得ずはもう古い?」というテーマで、昔の常識は通用しない時代になったことを実感しているので、コラムを書いてみました。

二兎を追うものは一兎も得ず、完全に覆されましたね。

誰が二刀流や副業を推奨する世の中が到来すると考えました?

自慢じゃないですけど筆者は、二兎をの理論を否定してきましたので、ようやくキターって感じです。

そもそもみんな二兎どころか、たくさん得てきたんですよ。

国語、算数、理科、社会・・・いろんな科目を履修してるじゃないですか。

二兎をの理論が正しければ、だれも小学校は卒業できないって話しになります。

参考になったらシェアしてくださいね!