オリンパスのボイスレコーダーは充電式が良い?乾電池式は?そもそもボイレコいつ必要?

ボイスレコーダーって、いつ使うんだろうという疑問がありました。

ビジネスにおいては会議や商談の内容を音声で記録して、その後に書き起こして保存や情報共有が目的なんでしょうけど、その他の使い道とは?

あくまでも個人的な想像ですが、

  • パワハラ・セクラハなどの証拠確保
  • 近隣住民などのいやがらせの証拠確保

といったネガティブなことしか思い浮かびません(汗)

目的は何にせよ、どのボイレコが良いのかさえわかりませんが、何やらオリンパスのボイスレコーダーで充電可能なヤツが評判と伺っております。

そこで今回は、今後のために?オリンパスのボイスレコーダーについて、学んでみようと思います。

言及対象機種はAmazonでランダムにピックアップして、機能面を参考にしています。

オリンパスのボイスレコーダーの商標

「Voice Trek(ボイストレック)」シリーズが主力です。

種類としては、

  • 会議/講義
    DM-750
    VP-20
  • 講義&学習
    V-873
    V-872
  • メモ録音
    DP-401
    VN-551PC
    VN-541PC
  • 音楽演奏
    LS-P4

が最新のラインナップになっていました。

参照:ICレコーダー/リニアPCMレコーダー|オリンパス

普段ボイレコと言ってますが、一般名称は「ICレコーダー」なんですね(汗)

広告

オリンパスボイスレコーダーは充電式もある

ボイレコの電源は単3電池または単4電池が主流と思っていましたが、単4形ニッケル水素充電池による充電式もあります。

充電式ではクレードルで充電できる機種もありました。

またUSBケーブルを繋いでモバイルバッテリーから電源を供給してもらうタイプもありますし、機種によって違います。

オリンパスボイスレコーダーの価格

上記のメモ録音タイプで挙げている「VN-551PC」については、Amazonで5,782円(2021.12.1現在)です。

Amazon | オリンパス Voice Trek VN-551PC BLK

思ったより安いんですね。

他メーカーなら、もっと安いボイレコはありますけど、国内メーカーのオリンパスというブランドが信頼の証と考えるのならば、この価格は高くないと言えます。

Amazon’s Choiceのタグがありましたから、評判は良いのでしょう。

実際に購入者の評点は4.2点でした。

この機種は、単4形アルカリ乾電池2本が必要で、データ管理にはPCとmicroUSBケーブルで接続するようになっています。

しかしどうやらMacでは使えないという書き込みが(汗)

レビューでは充電も可能と書いている人がいましたが、メーカー公式サイトで説明書を確認すると充電池は非搭載なので、別途、充電可能な乾電池を調達して、それを使うことはできそうです。

広告

ワンタッチダイレクト録音が好評

電源OFFの状態でも録音スイッチをスライドすると録音スタートできるボタンが評判良いようです。

サッと録音できないといけないシーンもあるでしょうからね。

ボイレコの需要の多さに驚き

Amazonのレビュー投稿などを見てボイレコに対する認識が変わりました。

ものすごく需要があるんですね。

重宝している人のなんと多い事か・・・。

うかつに変なこと言えません。

バッグやジャケットの内ポケットに潜ませてる人は、想像以上に多いと考えを改めなければならないかも。

まとめ

「オリンパスのボイスレコーダーは充電式が良い?乾電池式は?そもそもボイレコいつ必要?」というテーマで、ボイレコについて学んでみました。

声や音を録音するデバイスというシンプルなものではありますが、その需要の多さに驚きました。

前向きな使用よりもネガティブなことへの対処のために持っている感が否めませんが・・・。

仮に、そのような目的での使用だと、泣き寝入りはしないぞという強い意思が感じられます。

参考になったらシェアしてくださいね!