プレゼンでやってはいけないことベスト3!事業プランや新たな企画を発表する際のスマートな方法

プレゼンテーションは、ビジネスや学術の分野で重要なコミュニケーション手段のひとつです。

プレゼンターとして何らかの場で発表することになった場合は、プレゼンテーションの基本的な原則を理解し、それに従うことが不可欠と言えます。

ただ、そう簡単にはいかないのがプレゼン。

しっかり準備したつもりでも、鋭い指摘を受けることはザラで、さらに質問に対して即興で返すというスキルがなければ務まりません。

だから苦手な人が多いですよね。

そこで本記事では、プレゼンテーションを行うために、少なくともやってはいけない3つのポイントについて詳しく説明します。

このポイントを押さえるだけでも、緊張を和らげることができるはずです。

やってはいけないこと1:情報過剰

言い換えれば結論に至るまでに、遠回りをすることです。

プレゼンの大前提は結論ファースト。

それから経緯や理念、そこに至るまでの過程、さらには補足などを適宜付け加えていきます。

なるべく余計な情報は削ぎ落すことが肝心です。

情報過剰となると、プレゼンテーションの効果を損なう可能性があり、聞き手は限られた時間内に多くの情報を処理することは難しいため、過度な情報は混乱を招きます。

この混乱によって、伝えたいメッセージが伝わらず、重要なポイントさえも印象に残せないという事態になるわけです。

改善策としては、重要なポイントに焦点を当てて、できるだけ優先して伝えることです。

主題を明確にして、具体的な例やシンプルなグラフィックスで情報を補完することで、容易に理解させることが可能です。

また、情報の整理と階層化も重要で、プレゼンテーションの中で論理的な流れを示すことも、情報整理に役立ちます。

とにかく結論を後回しにしないことがポイントです。

広告

やってはいけないこと2:モノトーンな話し方

モノトーンな話し方とは、単調で退屈な話し方のことで、聴衆の関心を引くことが難しくなります。

情報が十分に伝わらず、聞き手の眠気を誘うことは効果大ですが、それ以外の効果はないと言えます。

あえてモノトーンな口調で聞き耳を立てさせるという方法もありますが、それは話術にたけた人しかできません。

もしくは超有名人。

改善策としては、声の抑揚やリズムを使った話し方を意識することが効果的です。

伝えたいことを強調するために音量や速度を変化させたり、話のテンポを調整したりすることで、聴衆の関心を引くことができます。

また、身振りや表情を活用する、ボディランゲージも重要です。

やってはいけないこと3:視覚情報の不足

視覚的な情報が不足すると、プレゼンテーションが単調になり、聴衆の関心を維持することが難しくなります。

テキストだけのスライドや情報の詰め込みすぎたページを見せても、結局は読ませてしまう、つまり聞き手の脳を使わせることになり疲れさせるだけです。

視覚的な要素の欠如は、聞き手の理解を妨げると言っても過言ではありません。

改善策としては、視覚的な要素を積極的に活用することです。

適切なグラフィックスや画像を使用し、見てわかるようビジュアル的に補完することで、より理解されやすくなります。

できれば、動きのあるアニメーションやスライド遷移を使用することで、プレゼンテーションの流れをスムーズにし、飽きさせないことも重要です。

大人でも集中力は途切れますし、つまらないと感じたら眠くなります。

聞き手の脳を刺激するつもりで、プレゼン資料を作ると良いです。

広告

まとめ

「プレゼンでやってはいけないことベスト3!事業プランや新たな企画を発表する際のスマートな方法」というテーマで、プレゼンについて書きました。

あくまでも最低限のスキルかもしれませんが、この3つを意識するかしないかでは、大きく異なります。

例えプレゼン資料の内容がレベル10のうち3だったとして、3つのポイントを意識すれば5までは伸びます。

声の抑揚やリズム、身振りや表情、ビジュアル的な表現を活用することを意識すると良いです。

関連記事

挨拶やプレゼンで不要なフレーズをズバリ指摘!披露宴のつまらなーい話の原因

参考になったらシェアしてくださいね!