サバン症候群で最も有名人と言えば日本人!?かつての国民的アイドルの裏の顔

映画アベンジャーズとか視聴すると、つい「自分も特殊能力が欲しいなあ」と思ってしまうのは筆者だけでしょうか(汗)

異能者、能力者、超能力・・そんな言葉が実は大好きです!!
無いものねだりというか単なるバカでしょうねww

しかし何らかの飛びぬけた才能に憧れるって悪いことでしょうか?

ギフトとして生まれた時から授かっている才能は、他人から変な目で見られてしまうケースもあります。
そのひとつがサバン症候群ではないでしょうか。

今回は、尋常ではない才能を見せつけるサバン症候群について、とある人を取り上げてみることにしました。

サバン症候群とは

ご存知Wikipediaによると、

サヴァン症候群(サヴァンしょうこうぐん、英語: savant syndrome)は、知的障害や自閉症などの発達障害等のある人が、その障害とは対照的に優れた能力・偉才を示すこと。

となっております。

今では自らメディアなどで発達障害などをカミングアウトする人が居ますが、昔は隠し通すことが当たり前でした。

それが良いか悪いかはわかりませんが、発達障害などのカミングアウトは多様性を尊重する時代であることの証左であると思います。

広告

アベンジャーズはサバン症候群の集団か

全く違うような気もしますが、アイアンマンのトニー・スタークは、ITオタクというか変態的な頭脳を持っているので、そのような傾向を疑われても仕方が無いかもしれません。

ちなみにアベンジャーズの主要メンバーは、

  • スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ
  • ソー
  • トニー・スターク/アイアンマン
  • ハンク・ピム/アントマン
  • ジャネット・ピム/スワプ
  • ブルース・バナー/ハルク
  • クリント・バートン/ホークアイ
  • ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ
  • ピエトロ・マキシモフ /クイックシルバー
  • ティチャラ/ブラックパンサー
  • ヴィジョン
  • ハーキュリース
  • ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ
  • ハンク・マッコイ/ビースト

となっています。

出典:アベンジャーズ – Wikipedia

サバン症候群で最も有名人は日本人

中居正広さんです。

知らなかったでしょ?

かつての国民的アイドルグループSMAPのリーダーで、今では名MCでもあります。

ちなみに筆者の奥さんはSMAPファン歴はデビュー当時からという筋金入り。
DVDはもちろんCDもありますし、なんとVHSテープにも出る番組のほとんどを録画していたという猛者です。

そのVHSテープは100本以上、今も押し入れに眠っています(汗)

広告

サバン症候群のデマ情報

ドラマ「ATARU」でサバン症候群の青年チョコザイ(猪口在:いのくちあたる)を熱演したことから、ご本人が疑われるようなデマも飛び交ったのでした。

ドラマで初めてサバン症候群という名称を聞いた人も多かったはずです。

ドラマ自体はミステリー作品で、事件現場でチョコザイのつぶやくキーワードをきっかけに真相解明に向かうという1話完結ものでした。
つまり超能力捜査官とも言えるわけです。

いろいろなこだわりが演出としてありましたが、サバン症候群の人がすべて同じということではないでしょう。

中居正広さんご本人の名誉のために申し上げておきますが、決してサバン症候群ではなく、キャラクターを演じたということを、改めて明言しておきます。

まとめ

サバン症候群の疑惑のある有名人や日本人は、検索すると多くヒットします。

「そうかもな」と思う人もいれば、そうでない人も挙がっていますが真相は不明です。

仮にサバン症候群だったとしても、周囲に溶け込んでいる人もいるでしょうし、少しコミュニケーションが苦手なタイプの人もいるかもしれません。

参考になったらシェアしてくださいね!