しゃちほこトピックス > IT・SNS > SEOの目的別にツールをチェック!これだけ使えば検索順位の改善は可能になる!

SEOの目的別にツールをチェック!これだけ使えば検索順位の改善は可能になる!

コンテンツマーケティングの隆盛で、SEO対策が再び注目を集めています。

検索はSNSが大多数だろ?という意見もありますが、傾向を見ていると、Googleでの検索、いわゆる「ググる」こととSNSでの検索を使い分けている人が多いのです。

SNSでは、それぞれプラットフォームでのトピックを、Googleでは一般的または普遍的な情報の検索が行われています。

極論、SNSでは論文とか統計とか、ヒットしないんですよね・・・。

つまりジャンルや年代、必要な情報によって、使い分けるのが現代の検索事情です。

そこで今回は、SEO対策を効率化するツールについて、目的別におすすめツールを紹介します。

SEO対策に必要なこと

今のSEO対策は、

  • コンテンツ
  • 内部対策
  • 外部対策
  • 戦略(コンサルティング)

この4つを考える必要があります。

細かく言えば、戦略の下にコンテンツ、内部対策、外部対策がぶら下がっているイメージです。

それぞれの役割と、おすすめのツールについて、書いていきます。

コンテンツ

いわゆるサイトの内容を示す記事やテキストでの文章です。

これらを制作するにあたっては、キーワード調査と構成を効率的に行えるかどうかがカギとなります。

AIを使った文章作成も導入されるかもしれませんが、結局、校正などの面で人の手が入らなければならないのが現状です。

それでも今後は、大幅な時間短縮が濃厚で、ライターはうかうかしていられないでしょうね。

この部分では、ラッコキーワード、があれば十分です。

ラッコキーワード|無料のキーワード分析ツール(サジェスト・共起語・月間検索数など)

内部対策

内部対策は、ウェブサイトの内部要素を最適化して、検索エンジンのランキングを向上させるための手法です。

対象となるのは、

  • キーワード最適化
  • URLの最適化
  • サイトマップの作成
  • 内部リンクの最適化
  • ページ速度の最適化

の5つです。

これらをカバーするのは、Googleが提供しているGoogle Search Console が優れています。

使いだしたら止まらない。

Google Search Console

外部対策

外部対策は、ウェブサイトへの外部の要素や信頼性を高めることで、検索エンジンのランキングを向上させる手法です。

対象となるのは、

  • バックリンクの構築
  • ソーシャルメディアの活用
  • ブランドの構築
  • 口コミや評判の管理

の4つです。

この場合、ツールで自動的にリンクが増やせることではなく、運営サイト競合の外部リンクの構造を比較することがツールを用いる目的になります。

昔は自動でリンクを増やすツールとかありましたが、使わない方が賢明です。

お金を払ってリンクを買う、いわゆるペイドリンクもおすすめではないですね・・・。

チェックツールとしては、hanasakigani.jp、SEOチェキなどがおすすめですが、1サイトずつしか調べられないのがデメリット。

地道に確認していってください。

それがイヤなら有料ツールを使うしかありません。

マイサイト被リンクチェックツール|被リンクチェック hanasakigani.jp

SEOチェキ! 無料で使えるSEOツール

戦略(コンサルティング)

知りたいデータや状況を閲覧するには、ダッシュボード機能がベスト。

いくつかの監視項目を閲覧できて、改善点を知ることができるようなツールが、ここでは役立ちます。

分析ツールとも言えますが、無料では制限があることが多いので、有料での利用が基本になりますね。

なかでもアナトミーは、触ってみる価値はあります。

ANATOMY ( アナトミー) | SEO分析ツール | 株式会社シンメトリック

まとめ

「SEOの目的別にツールをチェック!これだけ使えば検索順位の改善は可能になる!」というテーマで、SEOツールについて書きました。

SEOツールは1つではムリです(汗)

目的に応じて使い分けなければならないのですが、中には統合型もあります。

ところが個人では高額だったり、海外製だったりと、なかなかサラっと使えない状況が発生します。

関連記事

SEO内部対策の真面目な話!今からできる検索順位の上位表示を実現するSEOのテクニック

参考になったらシェアしてくださいね!