反町隆史のポイズンはギターで弾きたい隠れた名曲?歌詞やドラマ、赤ちゃんが泣き止むとのうわさは本当?

俳優の反町隆史のヒット曲といえば『ポイズン』ですよね。ハードロック調のギターが特徴的な曲で、ドラマの主題歌でもありヒットしました。反町隆史の代表曲ともいえるでしょうね。歌詞はメッセージ性のあるもので、男気のようなものを感じさせます。そしてなぜか、このポイズンを聴かせると、不思議と赤ちゃんが泣きやみ、すやすや眠りにつくとの噂も。その真相は…。

反町隆史のポイズンは思わずギターで弾きたくなる曲?

反町隆史の代表曲ともいえる『ポイズン』。ハードロック調で特徴的なギターリフのある曲です。

歪んだディストーションをかけたギターで大音量で弾くと、とても気持ちがいいでしょうね。

当時、ライブでは反町さんもギター弾いてましたね。

ちなみに、『ポイズン』の正しいタイトルは、「POISON ~言いたい事も言えないこんな世の中は~」というものです。

広告

ポイズンはドラマの主題歌だった

この『ポイズン』という曲は、ドラマ『GTO(ジーティーオー)』の主題歌でした。

『GTO』は「Great Teacher Onizuka」の略です。暴走族上がりのアツい先生・鬼塚英吉という主人公を反町隆史が演じていて、このドラマが大ヒットしたこともあって『ポイズン』もヒットしたわけですね。当時よくテレビでも流れていました。

ドラマ『GTO』は、1998年7月7日から9月22日にかけて放送されました。ドラマ『GTO』の前には、『バージンロード』、『ビーチボーイズ』と反町隆史出演のドラマがどんどんヒットして、反町人気がうなぎのぼり状態でした。

そして、この『GTO』で共演したことをきっかけに、女優の松嶋菜々子との交際が始まり、後に結婚されました。

そういった意味でも、反町隆史にとって『GTO』や『ポイズン』は、とても意味深い存在に違いないでしょうね。

ポイズンの歌詞とその意味

反町隆史は歌がめちゃ上手い!というわけでもありませんが、『ポイズン』は耳になじみやすいメロディーとメッセージ性の高い歌詞とがマッチして、わりと誰でも歌いやすい曲というのもヒットした理由の一つだと思います。

歌詞はドラマの内容ともマッチした硬派な感じで、メッセージ性も含め反町隆史のキャラクターともぴったりです。ちなみに、歌詞は反町本人が手掛けているそうです。

『ポイズン』の歌詞はこちら

ところで、何度も歌詞を読み返してみましたが、なぜポイズン(=毒)なのかは、よくわかりませんでした…。

汚れた世の中が人の心を蝕む毒のようだ、ということなのでしょうか?

広告

ポイズンのCDは、もはや入手困難?

反町隆史の『ポイズン』のCDは、1998年7月29日。マーキュリー・ミュージックエンタテインメントから発売されました。

この頃のシングルCDは縦長の短冊形のパッケージで、CDのサイズも8センチという、今ではあまり見かけない小さなものでした。

現在は新品でこのシングルCDは手に入りませんが、アマゾンなどでは中古で入手可可能です。人気のあるせいか、値もそれほど安くありませんね。

ただ、8センチCDは聞く機材によっては対応していないものも少なくありません。その場合は、8センチCDに取り付け通常CDサイズにできるアダプターが販売されていますので、それを使用して聴いてください。

2010年12月8日にリリースされた「ゴールデン☆ベスト」というCDにも『ポイズン』は収録されていますので、そちらでも聴くことは可能です。

曲のキーが高くないので、男性でもとても歌いやすい曲だと思います。昔カラオケでよく歌った、なんていう人も少なくないのでは?

ポイズンを聴かせると赤ちゃんが泣き止むのはなぜ?

2020年にネット上で『ポイズン』に関する何とも不思議な話題が持ち上がりました。

それは、泣いている赤ちゃんに『ポイズン』を30分リピートで聴かせると、泣き止むとか、寝入ってしまうといったものです。

確かに、YouTubeなどで検索すると、『ポイズン』を聴くうちに泣き止んだり、寝入ってしまう赤ちゃんの動画がいくつもアップされています。

『ポイズン』を聴いて泣き止む赤ちゃんたちの動画

なぜ2020年に『ポイズン』?という気がしますが、これはおそらく、赤ちゃんのお母さんにあたる世代が、反町隆史ファンにあたる世代なのかもしれませんね。

そして、これは経験によるものですが、激しいギターの音やドラムのビートは、サウンドウォールのような熱い音の壁がBGN(バックグラウンドノイズ)のような役目を果たすので、ずっと聴いていると耳が慣れてむしろ落ち着くのではないかと思います。

激しいハードロックをヘッドフォンで爆音で聴いているうちに寝落ちしていたということを、かつて私は何度も経験しており、母親に「よくそんなうるさい音楽聞いたまま寝れるわね」と呆れられていた覚えがあります。

反町氏の声が意外と低く、耳心地が良いのも理由のひとつと考えられます。

と、このように赤ちゃんが泣き止んだり寝入ったりする理由を推測してみましたが、いかがでしょう? もちろん、真相は分かりません(笑)。

ここまで、久しぶりの『ポイズン』について、いろいろと考察をしてきましたが、いかがだったでしょうか。

懐かしいと思われた方、ぜひこの機会にもう一度『ポイズン』をじっくりと聴いてみてください。ほろ苦くも美しい青春時代を思い出し、「あの頃は良かったな…」なんて思えてくるかもしれませんよ。

参考になったらシェアしてくださいね!