昭和が生んだ伝説ドラマであるスチュワーデス物語の名セリフをもう一度!

平成生まれのわが子に昭和ネタを話すと、ものすごく食い付きが良くて非常に新鮮な気持ちになります。

昭和のネタはめちゃくちゃあるので語りつくせませんが、やはりエンタテイメント系は特に受けが良いです。

  • ドラマ

この2つのジャンルは格段に違いますね。

そこで今回は、昭和ネタの実例として、あの「スチュワーデス物語」についてお伝えします。

スチュワーデス物語の概要

淡々と紹介しますね。

  • 制作年:1983年(昭和58年)
  • 全話数:22話
  • 放送:TBS
  • 主題歌:WHAT A FEELING-フラッシュダンス
  • 歌手:麻倉未稀
  • 出演
    風間杜夫、堀ちえみ、高樹澪、山咲千里、春やすこ、白石まるみ、松岡ふたみ、秋野暢子、片平なぎさ、長門裕之、吉行和子、前田吟、朝丘雪路、河原崎長一郎、岸田今日子、金田賢一、石立鉄男

何気に豪華キャストなんで、ギャラいっぱい払ってると思います。

主題歌が良いでしょ!

フラッシュダンスから引っ張ってきてます!

原曲はアイリーン・キャラが歌唱していまして、同年に映画が公開されたので、乗っかった感が満載です。

ちなみに「フラッシュダンス」は「フラッシュモブ」とは全くの別物で、映画作品です。

広告

スチュワーデス物語のあらすじ

直木賞作家である深田祐介氏の原作をドラマ化したものです。

簡単に言えば、スチュワーデス訓練生たちの青春をドキュメンタリー風に描いた作品でした。

ダンディでハンサムな教官役に風間杜夫さん、落ちこぼれだが芯の強い訓練生の訳が堀ちえみさんでした。

まあ、賛否両論はあるとして、ぶっちゃけドラマ自体は訓練生と教官のラブストーリーと言っても良いです。

その一方でサクセスストーリーや航空会社の内幕を見せたドラマでした。

なかなか見応えあるドラマとも言えます。

個人的には片平なぎささん登場のシーンは忘れられません。

スチュワーデス物語の見どころ

見どころも何も、まず「スチュワーデス」なんて、すでに使われてませんからね。

現在は、

  • キャビンクルー
  • フライトアテンダント(FA)
  • キャビンアテンダント(CA)

が適切な呼び名になっていますが、ウィキペディアでは、

日本航空では1998年9月30日で「スチュワーデス」という呼び名は廃止され、代わりに「アテンダント」が用いられている。同じく日本の航空会社の全日本空輸では「キャビンアテンダント」を用いている。

と記されています。

で、見どころなんですが、全部です。

もう言いたいことがありまくりで、言葉で伝えるよりも見てください。

大体、訓練生と教官が恋に落ちるって、現実の世界でもあるんですかね?

それが知りたいですよ。

広告

スチュワーデス物語の名セリフ

一番有名なのは、堀ちえみさんの役どころである千秋が言い放った、

「私はドジでノロマなカメです」

なのですが、一説によるとスッポンはめっちゃ早くダッシュできます。

多分、リクガメを指しているのでしょうね。

そしてもうひとつの名セリフ。

これも千秋が言い放っていますが、

「世界の空を、飛んで、飛んで、思い切って教官の胸の中に飛び込んでもいいでしょうか?」

もう、意味がわかりません(汗)

勝手にやってください。

スチュワーデス物語の視聴方法

見たい人がいれば嬉しく思いますが、DVD-BOXが発売されていますよ。

Amazonで17,000円弱です。

高い・・・。

ちなみに「フラッシュダンス」はAmazon prime videoでレンタル200円程度で視聴可能です。

まとめ

どうでしたか?

少しは気になりませんでしたか?

スチュワーデス物語はもはや伝説のドラマです。

私も時間があれば見ていましたが、さすがに細部までは覚えていません(汗)

今みるとツッコミ処満載のドラマではありますが、平均視聴率は20%前後を取っていたので、人気ではあったのです。

もし機会があったら・・・って無いかな(汗)

参考情報

基本情報などは、以下を参考にしています。

スチュワーデス物語(堀ちえみ出演)|ドラマ・時代劇|TBS CS[TBSチャンネル]

フラッシュダンス – Wikipedia

客室乗務員 – Wikipedia

参考になったらシェアしてくださいね!