【テキストが小さすぎて読めません】Google Search Consoleの困ったエラー対処法

Google Search Consoleは無料なのに非常に優れたツールです。

今さら「Google Search Console」とは、といった解説は本記事では致しませんが、たまに困ったちゃんに変化するから憎めません(汗)

そのひとつに「テキストが小さすぎて読めません」というステータスエラーがあります。

モバイルユーザビリティにおけるエラーメッセージなのですが、指摘されているURLを確認しても、大体が特に小さくもないのでありますよ・・・。

だがしかし、エラーというのは見過ごせないわけですから、本記事では対処法について自らの体験を語ってみたいと思います。

エラー対処法に正解なし

Google Search Console のエラーの対処で最も厄介なのは、解決のヒントを全く与えてくれないことです。

ただ管理画面に突然表示されます。

テキストが小さすぎて読めません Google Search Console

さらにはご丁寧にメールでも教えてくれます。

ドキッとする瞬間です。

そんなメールは開封したくありません(汗)

特にクライアントのサイトともなると冷や汗ものであり、似たような経験をされている方もきっと多いと思われます。

自身が管理するブログならば、何とでもイジり倒せるわけですが、預かっている場合は、そうもいきませんからね。

さて、ステータスエラーに正解はないと考えているわけですが、改善の手段はあると言えます。

広告

テキストが小さすぎて読めません

さて、ヒントは出さない Google Search Console ですが、当該のURLは明示してくれるので、なんとなく見当を付ける作業に入ります。

ところが「小さすぎて」の部分に見覚えが無いということもあるわけです。

スマホで当該URLを確認しても、文字の視認性に問題があるとは思えないケースも多いから悩むこともあります。

ではGoogleには推奨するテキストの大きさがあるのかを調べてみると、これが16pxなわけです。

思えばChromeブラウザも初期設定のフォントサイズは16pxになってますし、記憶が確かならばマテリアルデザインのガイドラインかなにかで推奨されていたと・・・。

ゆえに基本サイズは16pxがよかろうと、個人的には結論づけていますし、納得もされやすいです。

16pxより小さい部分をチェック

Googleが16pxを推奨しているからとは言え、明確なるソースは見つけておりません。

ちなみにiOSは14.7pxとか、そんな数値だったような。

ともかくエラー当該ページに16pxより小さいテキストがあるのならば、サイズを修正してみるのも手段のひとつです。

テキストのフォントサイズと同様に調整したいのは行間なんですよね。

これまたGoogleの推奨を探してみたわけですが、見つけておりません(汗)

ちまたでは1.2em~1.4emという数字が多いわけですが、何らかの根拠が欲しいのは確かです。

ちなみにモバイルデバイスでは12px以下は読みにくいことが多いと、このページでは述べています。

参照:Document doesn’t use legible font sizes

広告

モバイルフレンドリーテストで異常なし

エラーを指摘されたURLについて、試しにモバイルフレンドリーテストを実行すると、「このページはモバイルフレンドリーです」と表示されることもあります。

モバイルフレンドリーテスト

小さすぎるんじゃないんかい!ってツッコミをしたくなりますよ、そりゃ。

立派なダブルスタンダードでごさんすからねぇ。

異常なしだからって、何も手入れをせずに「修正を検証」というボタンを押すと、あら不思議、ステータスエラーは消えたということも多々あります。

もうナゾすぎる(汗)

まとめ

「【テキストが小さすぎて読めません】Google Search Consoleの困ったエラー対処法」というテーマで、個人的な経験談をふまえた対処法を示してみました。

正解は無いわけですが、経験値として役立つ手入れとしては、フォントサイズのチェックです。

モバイルデバイスなら16pxぐらいの大きさでなければ、やはり視認性は良くない印象です。

ちょっと前は14pxがベーシックだった気がしますが、眼を疲れさせないことも、モバイルフレンドリーだと考えていますので、やや大きいぐらいが丁度良いのかもしれません。

参考になったらシェアしてくださいね!