フィフトラってなに?この先のリストラ事情 これからの転職・仕事のあり方について考える

フィフトラという言葉があるのを知りました。私たちを取り巻くこれから先のリストラ事情は一体どうなるのでしょうね。そんな中での、これからの転職についてや仕事のあり方について考えてみました。ピンチはチャンス!ポジティブにパラダイム転換していきましょう。

フィフトラとは?

フィフトラなんていう言葉があるんですね(笑)。

これ何かと言うと、50歳前後の人のリストラのことを指す言葉だそうです。私もアラフィフなので、他人ごととは思えません。

これまで、多くの企業は終身雇用の年功序列があたりまえでしたが、こう不景気が続いてはそうも言ってられません。

そこで社内で一番給与の高い50歳前後の社員の人員整理をしたいのでしょうね。というのも、これからは定年年齢の引き上げによる再雇用の問題も企業は抱えているうえに、来たるべきインフレに向け国から賃金アップも要求されていますから。

もちろん辞めてほしくない有能なアラフィフ社員もいるでしょう。でも個人的にあなたは残ってほしいけど、あなたは辞めてくださいとは言えないのものだから、年齢制限を設けて早期退職者を募るのでしょう。

でも大抵こういった早期退職者を募った場合、辞めてほしくない人ほど早期退職していくというのも企業あるあるだったりします(笑)。難しいですね。

広告

50代になると役職定年がある企業も

大きな企業は特に、50代で役職定年を設けている企業も少なくないと思います。大体50歳とか55歳で役職定年が一般的のようです。

役職定年すると、大半が同じ部署内で主要な業務に就くとか、もしくは職務内容は何も変わらないということが多いようです。要は役職が外され給与が下がるという感じで、企業にいいように使われるわけです。

定年年齢が上がると、その分ずっと同じ人が役職についたままという期間も長くなりますから、若い人のモチベーション向上のためにも席を空ける必要があるのでしょう。

というわけで、50代はある意味サラリーマン人生のピークで、ここからはゆるやかに下り坂となり、60歳の定年を機に再雇用となるわけですが、そうなると給与はもうガクンと落ちます。

サラリーマンはもう気楽な家業ではない

高度経済成長期の頃は、サラリーマンは気楽な家業でした。しかしもう、そうではありません。

10歳、20歳年上の先輩のような悠々自適なリタイア生活など、私たちアラフィフにはもはや幻想です。

退職金だって同じほどはもらえません。年金だってもらえる時期は遅くなる上に、額も少ないです。医療負担だって大きいです。

なんだかなと思えてくるほど、ルールが変わってしまいました。

しかしどんなに羨ましがっても、仕方ないんです。こればっかりは。時代が変わってしまったのだから。

だったら自分の意識を変えていくしかありませんね。この先も楽しく生きていきたいのなら。

広告

50代の転職も前よりは明るい

しかし良いこともいくつかあります。

1つは企業が副業を認め始めたことです。以前は会社が副業を禁止しているところが大半でした。今はOKと言ってくれているわけですから、これは可能性が広がりますよね。

だからアルバイトでも何でもやれば良いんです。今は昔と違って便利なインターネットサービスもたくさんありますから、バイトや副業探しも格段にラクになりました。

それに、業種や働き方も多様化していますから、ショットワークのような、超短期で働く事もできますし、在宅ワークも増えています。

また、以前は派遣の仕事は30歳までなんて言われていましたが、今ではそんなことありません。ここ数年で状況が変わりました。50歳でも全然求人ありますし、私の知り合いなど60歳を超えて派遣をしていますが、派遣には再雇用がないぶん同じ職場の再雇用者員より給与が全然高いです(笑)。

企業もスキルのある人には、年令を問わずスポットでヘルプしてほしいと思っていたりします。

社員として雇うにはコストがかかるけど、派遣やパートなら多少年齢がいっていても、雇用OKと考えている企業が増えているのです。

実はそういったところに入り込んで、会社に貢献できれば、そこから直接雇用といったより良い条件にシフトすることもあったりします。

これは先輩の世代にはなかった、今の時代ながらの特権ですから、腐ってないで良い面も見ていきましょう。

まとめ

誰にも未来は分かりません。故に不安になるわけです。

特に今は変化が激しい時代だけに、先行きがまるで見えません。そして毎日、不安を煽るようなニュースにあふれています。

でも、誰もが多かれ少なかれ不安はいだいています。あなた一人だけが不安を抱えているわけではないので、その点は少し安心してください。

冷静に考えてみれば、人生がずっと右肩上がりが続くわけがありません。良いときもあれば悪いときもある。そういうもんなんです。

だからこそ、ちょっと余裕を持って生活したいところです。

今の生活水準を手放したくないと固執すると、転職時の条件も必然的に厳しくなり、それに見合った求人はなかなか見つからないということになるでしょう。

今の生活を見直して、ランニングコストの掛かるものを手放したり、生活のダウンサイジングなどをしてみるのも良いと思います。断捨離ブームなのも、背景にはそういった要素が多分にあると思います。

この先の時代はもっと楽しみながら働く時代になると思います。別に仕事は1つだけでなくてもいいわけですし。

ラクして高い給与をもらおうという考えの人は、なかなか上手くいかないかもしれませんね。

楽しみながら働き、新たな職場でこれまで培った能力を発揮すれば、評価も得られるでしょうし、貢献した分だけ給与も上がる見込みだってあるはずです。

自分で勝手に結果を決めてしまうのではなく、動いてみる、沢山の人に会ってみる、それが良い結果を招く一番の近道かと思います。

この先も、お互いがんばりましょう!

参考になったらシェアしてくださいね!