しゃちほこトピックス > 学びスキルアップ > Webライター初心者におすすめのYouTube動画台本の作り方!視聴者を引き込むポイントとは?

Webライター初心者におすすめのYouTube動画台本の作り方!視聴者を引き込むポイントとは?

Webライター案件で増えてきているのは、YouTube動画制作において台本作りです。

視聴者を魅了し、引き込む力がある台本が書けるWebライターは、稼げるWebライターへの近道となります。

しかしながら初めて台本を作る際には、何を書けばいいのか、構成すらもわからないはずです。

そこで今回は、Webライター初心者に向けて、効果的なYouTube動画台本の作り方と視聴者を引き込むポイントについて紹介します。

台本の必要性

台本の目的は、動画制作の一貫したストーリーや内容を作ることです。

スクリプトを通じて伝えたいメッセージや情報を整理し、効果的に伝えるためのは欠かせません。

台本があることで、撮影や編集段階での手戻りや修正を最小限に抑えることができます。

また台本に基づいて進行することで、効率的な時間配分が可能となり、高い品質の動画制作が可能です。

台本を作るメリット

まず、台本を作ることで、話の流れや内容を一貫性のあるものにすることができます。

良い台本は、分かりやすく適切な言葉遣いで書かれており、視聴者との心理的なつながりを作り出すことができます。

さらに、台本に視覚的な演出や音響効果を取り入れることで、視聴者の興味を引くことが可能です。

台本はスムーズな進行と効率的な撮影をサポートする役割も果たします。

台本作成のポイントと注意点

台本には、動画のスクリプトを事前にまとめることが重要です。

視聴者の関心や興味を把握するには、YouTubeの解析データやコメントを参考にすることが有効です。

また、同じジャンルの動画や人気のあるキーワードも調査してみると良いでしょう。

視聴者が求める情報やエンターテイメントを提供するためには、セグメンテーションを意識したコンテンツ作りが重要です。

視聴者の年齢層や性別、興味関心によって需要が異なるため、それに合わせた内容を台本に含めることがポイントとなります。

ストーリーの構成

基本的な構成については、起承転結を意識します。

視聴者の興味を引きつける冒頭を作り、本編では情報やエンターテイメントを提供し、クライマックスをはさんでまとめの部分で締めるようにします。

ストーリーテリングのテクニックを利用して、物語の展開やキャラクターの魅力を活かすことが重要です。

話し方と演出の工夫については、分かりやすい言葉遣いやコミュニケーションの工夫が有効です。

専門的な用語や複雑な言葉は避け、誰でも理解しやすい言葉を使います。

よくあるミスとしては冗長な表現を避けることが挙げられます。

YouTube動画の視聴時間は限られているため、視聴者の集中力を維持するためにも簡潔な言葉遣いやシンプルな表現が重要です。

極論、話さずに伝わるレベルが理想です。

具体的なライティング技術

YouTube動画の台本に利用したいライティング技術を紹介します。

AIDA法

AIDA法は、Attention(注意を引く)、Interest(興味を持たせる)、Desire(欲求を喚起する)、Action(行動を促す)の頭文字を取った手法です。

この手法を用いることで、視聴者の関心を引きつけ、最終的に行動を起こしてもらうことができます。

台本の始めには興味を引くエンゲージメントのある情報を盛り込み、次に魅力的なポイントや話題を提供し、視聴者に欲求を感じさせます。

最後には明確な呼びかけや行動を促す要素を入れることで、視聴者が動画を最後まで見て、望ましい行動をとってくれるように導きます。

ストーリーテリング

ストーリーテリングは、物語を通じて情報を伝える手法です。

台本に物語性を持たせることで、視聴者の興味を引きやすくなります。

物語の要素を組み込んで、登場人物や状況を設定し、視聴者が共感できるストーリーを構築することがポイントです。

情報の伝達だけでなく、感情を揺さぶることもできるため、視聴者の心に響く動画を作りたい場合に効果的です。

問いかけや挑戦

視聴者を引き込むためには、台本に問いかけや挑戦的な要素を盛り込むことも重要です。

視聴者の関心を引きつけるために、興味をそそる疑問を投げかけたり、挑戦的な課題を提示したりすることで、視聴者の関与度を高めることができます。

例えば、「あなたは〇〇に挑戦できますか?」といった問いかけを用いることで、視聴者が動画に対話的に関わるように促すことができます。

フレーミング効果

情報を提示する方法や視点を変えることで、視聴者の受け取り方や反応を操作する手法です。

台本の中で意図的に異なるフレームを用いたり、情報の解釈や評価の仕方を誘導したりすることで、視聴者の興味や共感を引き出すことができます。

例えば、ポジティブなフレーミングを使って視聴者に利点やメリットを伝えたり、ネガティブなフレーミングを用いて問題や課題を訴える流れが代表的です。

まとめ

「Webライター初心者におすすめのYouTube動画台本の作り方!視聴者を引き込むポイントとは?」というテーマで、YouTube動画の台本について書きました。

Webライターの領域でもあるYouTube台本の作成ニーズは、これからも減ることはありません。

台本が書けるようになると、単発のライティング案件と違い、依頼主が投稿を止めない限り、継続的に仕事が得られるというアドバンテージを得られます。

安定した収益をライターとして得たいならば、持続性あるYouTube台本の作成スキルをみがくと良いでしょう。

関連記事

YouTubeでストレスが蓄積される構成・演出を全部書き出してみた

参考になったらシェアしてくださいね!