アニサキスの食中毒にご用心!私が刺身など生ものを一切受け付けなくなった理由

冬が過ぎて暖かくなると発生するのか食中毒。

集団食中毒のニュースなどを知ると、身体がヒュッと拒絶反応を示します(汗)

食中毒の原因として有名なのはアニサキスです。

青魚やイカなどに生息しているらしいですが、肝心の宿主は平気なのが癪に障りますよね。

かつての取引先の社長もアニサキスに苦しんで以降は、完全に生ものを受け付けなくなったとか。

そこで今回はアニサキスについて調べたことをシェアしたいと思います。

アニサキスの概要

あまり知りたくないですが、知識として、また刺身好きな方が万一、食べる直前にでも気付く機会を得るために、外見などは頭に入れておいた方が良さそうです。

アニサキスは体長が大体2cm-3cmで、見た目は半透明な薄い黄色のひょろ長い生き物で、これ実は幼虫。

白っぽくも見えますが、まあ、そんな感じです。

主に、サバやサンマ、イワシ、イカなどに寄生しています。

ゆえに刺身で食べるとリスクは高まります。

いくら新鮮だからと言えども、アニサキスは存在する可能性はゼロではありません。

刺身を食べるときは、ひとつずつチェックしながら食べるぐらい用心深く。

それだと「おいしくない」感じになりますけど、腹痛で七転八倒するよりはマシです。

広告

アニサキスによる症状

メディカルノートによれば、アニサキス症となっていて、

消化管の壁に食いつくことによって急な腹痛などを起こす感染症

と記されています。

胃に食いつくと「胃アニサキス症」で腸だと「腸アニサキス症」と診断されます。

魚介類の生ものを食べた数時間後ぐらいに発症するのは急性アニサキス症で、健康診断の胃カメラで偶然発見されるようなものは、慢性アニサキス症です。

胃には飼いたくないですね・・・。

  • 胃:強い上腹部の痛み、嘔気・嘔吐
  • 腸:腹痛、嘔気・嘔吐。ひどい場合は穿孔による腸閉塞の可能性。

勘弁して欲しいものです。

アニサキスアレルギーもある

初めて知りましたが、アニサキスによるアレルギー症状によって、蕁麻疹などが出ることもあるとか。

これも重篤な症状になると、血圧の低下、呼吸の悪化なとがあります。

アニサキスの治療

誰もが予想すると思いますが、生ものを食べて数時間後に上腹部の激しい痛みがあると、大抵は胃にアニサキスが潜んでいます。

ゆえに胃カメラで見ながら鉗子で除去する方法がオーソドックスな治療です。

胃に食いついたアニサキスを剥がす際は、ちぎれないように注意しなければならないとのこと。

また1匹とは限らないので、くまなく捜索するようです。

シンドイそうですよね(汗)

アニサキスの痛みと胃カメラの苦しみのダブルは耐えられません・・・。

しかし激しい痛みから解放されるのは、それがベストな方法なのでしょう。

グビッと飲めばたちまち治まってしまう、ドリンク的な殺虫効果のある薬品が開発されないものですかね。

腸に潜んでいるとCT検査で穿孔などを調べます。

広告

アニサキス症の予防

生食を避けることがベストだと、個人的には考えています。

筆者は食中毒の経験はありませんが、若いころから、ともかく魚介類の生食は極力避けていました。

そもそも魚介類は好きなジャンルの食べ物ではなかったので、今はもう完全に生食では食べなくなっています。

焼き魚も特に好物ではないので、魚介類は全く関心がありません。

ただ魚介類が好きな人の方が圧倒的に多いでしょうから、

  • 60度以上で1分ほど加熱処理
  • マイナス20度以下で24時間以上の冷凍処理

を経たものが予防としては効果的だと、メディカルノートでも記されています。

まとめ

「アニサキスの食中毒にご用心!私が刺身など生ものを一切受け付けなくなった理由」というテーマで、聞いただけでも身の毛がよだつアニサキスについて調べたことを書きました。

個人的には魚介類には一切関心がないので、食べなくても平気なのです。

ところが大好きな人は刺身などを食べたいでしょうから、いわゆる当たることは避けたいですよね。

加熱か冷凍処理を経るとリスクは下がりますが、刺身はパックされていても、どれだけの時間が過ぎているかわかりません。

スーパーの刺身が、もはやロシアンルーレット的なことだと、怖いですよね。

参照

アニサキス症について | メディカルノート

参考になったらシェアしてくださいね!