バスタオルの使い方は各家庭により違いが!使い続ける派と毎日交換派どっち?

たまにネットで見かけるバスタオルの使い方についての記事。

ニュースのメディアより、女性向けや子育てに関する特化型のメディアで、取り上げられたりしています。

日常の疑問とか恋愛のゴタゴタとか、ムカついた話とか、ネタはたくさんありますし、よく読まれている印象です。

ただ一部のメディアは広告が多すぎるのと、1段落ごとにページを切り変えなきゃいけないフォーマットに辟易しますから読みませんけどね。

ページビューを増やすための姑息な手段と思われても仕方がありません。

そんな話しは置いといて、バスタオルについて述べてみたいと思います。

フワフワ派VS.ゴワゴワ派

バスタオルは万能です。

赤ちゃんの掛け布団にもなりますし、折りたたむことで調整機能付きの枕にもなります。

そんなバスタオルですが、洗剤のCMではフワフワなバスタオルを使って、仕上がりの良さをアピールするシーンが印象的です。

しんなりしたバスタオルと比較するやり方もありましたね。

実はバスタオルにもフワフワ派とゴワゴワ派がいます。

恐らく、フワフワ派が多い気もしますが、ゴワゴワ派の理由でインパクトが大きかったのは、乾布摩擦に丁度いいというものでした。

絶対、やってないだろと思いつつ、受け止めましたけどね。

乾布摩擦で何がしたかったんだろう・・・。

広告

毎日交換派VS.使い続ける派

これは意見が分れるところですね。

ただ誤解が無いように言っておきますが、使い続ける派でも数日で交換するということです。

2日おき、あるいは3日おきという間隔だと考えてください。

さすがに1週間に1回程度というのは稀だと思いますが・・・。

まとめるとこういうことでしょう。

毎日交換派

  • 清潔感を保ちたい
  • 換えないと気持ち悪い
  • 乾いた後のニオイが嫌だ

使い続ける派

  • 特に気にならない
  • 洗濯回数が減る
  • そういうもんでしょ

贈答品としてのタオル

正直、あまり歓迎しないですね、個人的には・・・。

いくらあっても良いという人もいますが、ありすぎても困るのがタオルです。

ここ最近は粗品でタオルを配る企業は減っててきるようですが、経費もバカにならんでしょうにね。

〇〇商店、〇〇株式会社なんてロゴが入ってるタオルなんて、他所で使えないのがデメリットなんです。

筆者は個人的にソフトバンクホークスのバスタオルを使っていますが、そういうプランドの方がマシです。

あとはエンタメ系のやつとか。

贈答品では、もうたくさんですね・・・。

広告

乾布摩擦は黒歴史か

先ほどちらっと書きました乾布摩擦。

あれ、どう考えても昭和初期の黒歴史そのものでしょ。

オッサンが庭先で上半身裸になって、ドヤ顔で乾布摩擦をしている印象がありますが、何の意味があったというのでしょうか。

小学校では教室内で男女関係なくやってたそうですが・・・。

乾布摩擦の経験がない筆者からすると、クレイジーの何ものでもないですね。

皮膚を鍛えたかったのか?

それとも本当に健康に必要なこととして盲目的に取り組んだのか?

今となってはナゾですが、黒歴史と言っても良いでしょう。

大体、健康にまつわる話って胡散臭いことも多いので、「健康に良い」という話は慎重な取り扱いを!

まとめ

「バスタオルの使い方は各家庭により違いが!使い続ける派と毎日交換派どっち?」というテーマで、身近な話題を取り上げてみました。

はっきり言って各家庭のルールがあるので、第三者がとやかく言うことではないですが、筆者個人としては「共有」は絶対にイヤです。

家族であっても、しんなりした半乾きバスタオルの使い回しは勘弁・・・。

参考になったらシェアしてくださいね!