オレっちのクルマ 貧乏カスタム大作戦!いいじゃん!見た目だけのファッションカスタムだって

かっこいいクルマに乗りたい!車好きなら誰もがそう思うもの。でもカスタムするにもお金が無いし。そんなあなたにおすすめな貧乏カスタム大作戦!をお伝えします。気分が上がって楽しくなるなら、見た目だけのファッションカスタムだっていいじゃない!

かっこいい車に乗りたい!

これって、自動車好きの永遠の願望です。

車を買い替えるときもそうだし、今の車に乗っていても、少しでもかっこよくしたいと、常に考えるものです。

「その車、かっこいいっすね!」なんて言われると、何故か照れちゃったり。

かっこいい車に乗っていると、なんだか自分もかっこよくなったような気がしてくるから不思議です(笑)。

まぁでもね、そういうこと含めて、かっこいい車に乗りたいんですよ。

広告

車のカスタムって?

そこで、かっこいい車にするために、カスタムするという方法があります。

カスタムって何かというと、要は改造ですね。

改造と漢字にすると、途端に違法なことをするような雰囲気が出てしまいますが、もちろん違法にならない範囲内で改造し、より自分好みに車をドレスアップしていくということです。

要は車のおしゃれですね。カスタムには、見た目だけでなく、中身の改造もありますけど。

まぁ、ちょっとでも車をかっこよくする努力がカスタムです。

本来のカスタムは

車をカスタムするということは、より性能を上げるため、速く走れるようにする改造が、本来のカスタムでしょう。

しかし、カスタムショーでも見られるように、見た目をカスタムするというのも、それはそれでとても楽しいです。そのせいで遅くなろうが、本人が良ければ良いわけです。

なので、「このカスタムは邪道だ!」とか、わざわざ言うのは、それこそ余計なお世話。ファッションと一緒で、「ダサいTシャツ着ているな」と思っても、その人が良いと思っているのなら良いのです。

謎の魔改造を見かけても、良しとしてあげてください(笑)。

広告

お手軽にできる貧乏カスタム

とは言え、カスタムにはお金が掛かります。

車は維持するだけでも結構お金がかかるのに、更に車にお金をかけようというのですから、車好きはしょうもないですよね。でも性なので仕方ありません。

これ、理解できない奥さんなどにいくら説明しても、分かってもらえないでしょう。

今でも十分走って何の問題もない車なのに、なんでホイールを変えなきゃなんないの?しかもそれが20万?はぁ?奥さんからしたら、そんな感じでしょう。

なので、カスタムしたければ、その分稼いでください。お金がないのにカスタムしようとしているあなたが、明らかに間違ってるわけですから(笑)。

でもね、中にはお手軽にできる貧乏カスタムと言うのもあります。いわゆるなんちゃってカスタムですが、それでも見た目はグンと良くなったりします。

ただし、性能は現状維持か今以上に落ちたりしますので、その点は覚悟してください。

どんなお手軽貧乏カスタムがあるかというと、

  • マフラーカッター
  • ローダウンスプリング
  • カーボン風シート
  • ビッグキャリパー風カバー

など。

車は車高が低いとレーシーに見え、それだけでいきなり格好良く見えるから不思議です。高額なエアサスなどを導入せずとも、ローダウンスプリングを使うと簡単に安価に車高が下げられます。

ただしこれをやると、段差や坂などであちこち擦りまくるので、運転にとても気を使うという気苦労カスタムのひとつでもあります(笑)。

また、一番「かっこ満点、中身特になし」なカスタムが、マフラーカッターの装着でしょう。

本来マフラーは排気効率を替えるためのもので、エンジン性能のアップを図る排気系チューンです。

しかしノーマルマフラーのマフラーエンドに簡単装着できるマフラーカッターは、見た目だけを替えるパーツなので、性能は何も変わりません。

しかし、マフラーカッターを付けるだけで、リアビューが精悍になり男前度が爆上がりします。

また室内やグリル、スポイラーなどにカーボン風シートを貼ると、まるで軽量パーツのカーボン素材を使用しているかのように、これまた速そうに見えます。

ブレーキのビッグキャリパー風カバーは、より強い制動力を求めるハイパワー車のように見えるという、ハッタリパーツです。これもレーシーな雰囲気アップに一役買ってくれますが、余計に重くなるだけなので、実際はパワーダウンです(笑)。

まとめ

なんだか、かっこ満点パーツは見た目はアップしますが、性能の方はやや落ちる方向に働きそうなパーツが多いですね。

まぁ、おしゃれは苦痛との戦いとも言われるように、車の見た目だけアップするカスタムも、ファッションでいうところのおしゃれと通じるものがあるのかもしれません。

でも、それで気分が上がって楽しくなるのなら、いいじゃないですか。

お金がなくてもないなりに、車をかっこよくしたい!その気持を大切にしていきましょう。

ただし、あくまでも違法改造や、他人に迷惑をかけるような改造だけは、やめてくださいね。

参考になったらシェアしてくださいね!