コワーキングスペースとコワーケーションは何が違う?リモートワークの定番になる?

コロナ禍を機に、働き方は大きな転換期を迎えています。

従来の出社してオフィスで働くだけでなく、新たなスタイルも導入されており、その中でも「コワーキングスペース」と「コワーケーション」が注目です。

これらの概念は一見、似ているように感じますが、実は異なる側面を持ち、それぞれ独自の価値を提供しています。

また、テクノロジーの進化により、リモートワークがますます普及していますが、これらのコンセプトは今後、働き方の定番となっていくのか・・・。

コロナが落ち着いてからは出社を奨励する企業も増えています。

そこで今回は「コワーキングスペース」と「コワーケーション」の違いを中心に、未来の姿を考察していきます。

コワーキングスペースとコワーケーションの違い

働き方の多様化が進み、新たなスタイルが注目を浴びています。

その中でも「コワーキングスペース」と「コワーケーション」という用語を耳にする機会が増えてきたはずです。

効率的な働き方やプロフェッショナルなネットワーク構築に貢献するポテンシャルを秘めていますが、違いはどこにあるのかを、改めて解説します。

コワーキングスペース

複数の個人や企業が一つの共有のオフィス空間で働く環境を指します。

従来の一つのオフィスに閉じこもる働き方とは異なり、自由なスペースを提供していることが特徴です。

それによって、異なるバックグラウンドや専門性を持つ人々が出会い、交流する場となる空気感を醸成しやすくします。

また、新たなアイデアの創出やコラボレーションが生まれるきっかけにもなりやすいため、クリエイティブな分野に向いています。

コワーキングスペースには、クリエイティビティの刺激やモチベーションの向上、そして多様な人々との繋がりを求める会社員などが多いです。

もちろんフリーランスや個人事業主、起業間もない経営者にとって魅力的な選択肢となっています。

コワーケーション

自然豊かな土地や賑わいのあるリゾートなどで、休暇を取りながら仕事をする「ワーケーション」は既に理解が広まっています。

その場所にある誰でも快適に利用できるワークスペースの中で、他の人と交じる機会を持つ、あるいは新しい事業やアイデアを創出することが、コワーケーションです。

単なる華やかな場所での共同スペースではなく、そこでのコミュニケーションと協力が中心に置かれるアプローチでもあります。

コワーケーションは、共同作業だけでなく、アイデアの共有や問題解決のためのディスカッションが活発になる場です。

異なるバックグラウンドやスキルを持つ人々が刺激し合い、知識を交換し、新たな知見を得ることができます。

コワーケーションを活用することで、新たな視点を獲得し、自身のスキル向上や業務の質の向上につなげることができます。

広告

コワーキングスペースとコワーケーションの役割

コロナ禍がきっかけではありますが、それまでのテクノロジーの進化により、リモートワークが特殊なものから一般化したことは、非常に大きな意味があります。

リモートワークにおいても、必ずしも自宅や喫茶店といった限られた場所に限定せず、「コワーキングスペース」と「コワーケーション」に新たな活路が見出せます。

それぞれ、役割など何が期待されるでしょうか。

今でこそ、業種によっては自宅やカフェなど、さまざまな場所で仕事を行うことが可能な時代です。

しかし、一方では自宅では気分転換が難しかったり、人との交流が減少してしまうという課題も浮上しています。

コワーキングスペース

前述のような問題を解決するひとつとして、コワーキングスペースが重要な役割を果たします。

リモートワーカーにとって、刺激的な環境で仕事を進めるための新たな選択肢となっていることは間違いありません。

コワーキングスペースに出社という概念も、浸透してくる可能性もあります。

またマイホームに、ワーキングスペースを盛り込むといったことも、密かに流行っていることは見過ごせないことろです。

コワーケーション

リモートワークでは、物理的な距離があるため、コミュニケーションの面で課題が生じることがあります。

そこでバーチャルなコワーケーションツールやプラットフォームを活用することで、リモートチーム同士でもアイデアの共有やディスカッションがスムーズに行えます。

リアルタイムのコミュニケーションを促進することで、情報共有の速度を向上させ、チームの連携力を強化することができるはずです。

似たような事例としては、お互いに距離のある学校での共同授業などが挙げられます。

まとめ

「コワーキングスペースとコワーケーションは何が違う?リモートワークの定番になる?」というテーマで、リモートワークの定番について書きました。

コワーキングスペースは浸透しつつありますが、コワーケーションは、これから可能性を感じるスタイルという印象です。

ただしコワーケーションは、ちょっと大変な部分もあります。

どこに行くか、メンバーはどうするか、何を準備するか、どれだけ滞在するか、さらには本質である目的やゴールはどうするかという下準備です。

旅行、合宿、研修が一体となるわけですから、企画から実行までもプロジェクトレベルになることが、ややデメリットになる可能性は高いです。

参照

サテライトオフィスやコワーケーションスペースを活用してもらうために「おさえておきたいポイント」とは

関連記事

リモートワークが終了して出勤が増えるときのデメリット!通勤はムダだらけと気付け!

参考になったらシェアしてくださいね!