投資するなら税金のことを知っておこう!暗号資産でウハウハ後は2億円の追徴課税!

確定申告の期間中ですが、この時期に話題になるのは、

  • 仕訳の話
  • 確定申告すべき人の話
  • e-Taxの話

などが目につきます。

しかし、稀にド派手な内容の記事が出てきたりするのですが、そのような記事を目にする度に、最低限の税知識は持ち合わせておきたいと思うのです。

今回は暗号資産で2億円の追徴課税を受けた会社員の記事をもとに、コラム的な内容をお届けします。

暗号資産は狙われた

ぶっちゃけ、暗号資産を保有している人は狙われたと思っています、国税庁から。

暗号資産、当時は仮想通貨という表現でしたが、特にビットコインに投資して億単位の資産を持った「億り人」という言葉が流行りだした頃から、恐らく目を付けていたのではないかと推測しています。

税制は暗号資産を想定していなかったでしょう、税理士さんたちも困惑した可能性もありますから、しばらく泳がせておいてドカンと大捕り物をかますという・・・。

そのような戦略を採ったかどうかは知りません(汗)

ただ納税の意識があったかどうかが運命の別れ目だったとのではないでしょうか。

広告

稼いだら儲けたら納税

基本的に稼いだら、儲けたら納税と思わなくてはダメです。

どうあがいても「非課税にするからふところに納めて」なんてことは絶対にあり得ません。

個人のサイフに巨額の利益が舞い込めば気持ちは有頂天となり、わざわざ税金のことなどは考えもしないでしょう。

ましてや暗号資産、どうやって課税するのか、納税するのか、個人的にも皆目見当は尽きませんでしたが、金融庁が認可した取引所を介した投資ならば、税が絡んでくることは予測できるはずです。

2億円の追徴課税のカラクリ

元記事は最下部のリンクを参照して欲しいのですが、何よりも予備知識が無かったために、自宅を手放さざるを得ない状況であることが、その重大さを物語っています。

自分自身だけならまだしも、当事者には家族がいるわけで・・・。

下手すると家族全員が路頭に迷う恐れもあるわけです。

ただ不幸中の幸いで、会社員としての仕事は続けられる模様ですが、暗号資産に手を出す前の生活水準には、いつ戻れることやら。

追徴課税だけでなく、住宅ローンも残るはずです。

記事によると「納税のめどは立っていない」とあり、年収900万円でも生活はギリギリかもしれませんね。

納税は猶予の制度がありますが、猶予の申請をすればOKというものではないのでキツイです。

広告

納税の猶予制度

要件を満たせば1年間の猶予が認められる制度が国税庁にはあります。

ただし相談先は所轄の税務署となり、4つほど要件を満たすと判断されるかどうかは申請してみなければわかりません。

まとめ

「投資するなら税金のことを知っておこう!暗号資産でウハウハ後は2億円の追徴課税!」というテーマで、暗号資産の注目記事についてのコラムを書きました。

暗号資産は確かに興味深いのですが、何と言うかマニアックなんですよね・・・。

ようやく株式投資の認知が広まってきたとはいえ、統計などを参照しても、2割程度で、強いのは定期預金です。

【シングルのお金事情】独身男女の年齢別貯金額をチェックすると意外な発見

知っていれば儲けのチャンスはある暗号資産ですが、実社会で通過として浸透してないのは気になります。

参照

暗号資産で申告漏れ、追徴2億円超も…年収900万円の会社員「納められる金額でない」 : 社会 : ニュース : 読売新聞オンライン

国税を期限内に納付できないときは、どうしたら良いですか? : 財務省

参考になったらシェアしてくださいね!