スマホへESETインターネットセキュリティをインストールするときにミス!注意事項をシェア

昨年末ごろに購入したESETインターネットセキュリティ5台3年ライセンス。

すでに3つをパソコンで利用中。

残り2つはスマホと予備とするのですが、たった今、スマホへのインストールで壮大なミスをやらかしたので、この記事でシェアする次第です。

ミスとは言っても、何かスマホに影響したわけではなく、インストールする対象を間違えてしまいました。

というか、言いたくないですが「紛らわしい」状況でもあるんですよ(汗)

言い訳でしかありませんけど、言いたくなる事情が!

ということで備忘録がてら読んでみてください。

ESETインターネットセキュリティの内容

まず内容をおさらいしておきます。

ESETインターネットセキュリティはマルチプラットフォーム対応で、

  • Windows向け
  • Mac向け
  • Android向け

に対応しています。

わざわざOSごとに購入しなくてもよいメリットがあります。

iPhoneやiPadには対応してないので、ちょっと惜しい気分は心の隅っこに持っていますが、特に気分を害するほどではないです。

ESET側からすると、

スマートフォンを標的としたウィルス被害のうち、約80%以上がAndroidを狙ったウィルスによるものと言われています。

と書かれているため、それらはOSのアップデートで十分でしょうというスタンスのようです。

引用:iPhoneやiPad用のセキュリティソフトはありますか? |よくある質問

広告

Android向けのトラップ

スマホだから、ついGoogle Playのアプリを使用するのだろうと、タカを括ってインストールしたのが、そもそもの間違いでした。

Google Playでは、検索すると「ESET Mobile Security Antivirus」というアプリがヒットするため、これをダウンロードしました。

カンタンじゃないかと思いつつ、設定をいじっていると、何となく言うことを聞かない部分がありました。

具体的には「フィッシング対策」なんですけど、上手くONになってくれないのです。

どうもおかしいなとESETのページをくまなくチェックすると、

以下の製品でご利用いただける ESET Mobile Security for Android とは異なりますのでご注意ください。

とあり、おや?と思った次第。

  • ESET Mobile Security Antivirus
  • ESET Mobile Security for Android

結論から言えば、上記の2つが共存しているのでした。

前者はGoogle Playからインストールして無償バージョンとして使えるアプリ、後者は有料で購入した際にスマホへインストールするプログラムです。

インストールのやり直し

はたしてインストールのやり直しが必要となりました。

ライセンスのひとつがムダになるのかという不安の中、こちらのページを参照しながら作業しました。

参照:Google Playにて公開している ESET Mobile Security Antivirus | ESETサポート情報

ドキドキしたのも束の間、無事にインストールのやり直しも完了です。

アプリのインストールではなく、プログラムのダウンロード、インストールになります。

広告

注意すべきこと

事前に、Google Chromeを利用してプログラムをダウンロードする際は、「不明なアプリのインストール」を許可する必要があります。

その方法は、

  1. 設定画面から[アプリと通知]をタップ
  2. アプリ一覧からGoogle Chromeを選択
  3. [不明なアプリのインストール]をタップ
  4. 「この提供元のアプリを許可」にチェック

これでOKです。

ダウンロードが終わったあとは、[この提供元のアプリを許可]をオフにしておいてください。

まとめ

「スマホへESETインターネットセキュリティをインストールするときにミス!注意事項をシェア」というテーマで、早とちりを紹介しました。

思い込みは良くないですね。

もし、うっかりアプリをインストールしていたら、やり直しをおすすめします。

関連記事

ESETインターネットセキュリティのサポートサイト「CLUB ESET」と「ESET HOME」の違い

ESETの緑色のブラウザ枠が不評?消す方法やセキュアブラウザが邪魔なら変更でいかが?

参考になったらシェアしてくださいね!