面接や商談などで入室時のノックは何回がマナーとして最適?トイレは?他の部屋では?

ビジネスの場においては、相手との顔合わせの前の所作で、第一印象が変わります。

そのひとつは、ファーストコンタクトでもあるノックの回数です。

面接や商談におけるドアノックの機会では、適切なマナーを身に付けていることが求められます。

ビジネスマナーとして気をつけるべきポイントはさまざまありますが、今回は特に「ドアノックの回数」に絞って解説いたします。

また参考までに公衆トイレでの確認のためのノック、初めて訪れる場所でのノックなど、それぞれの回数についても言及するものです。

面接での適切なノックの回数

面接では相手とのコミュニケーションが重要です。

その中で、ノックの回数は面接官に与える印象に影響する可能性があります。

ノックの回数が少ないと無関心や不注意と受け取られるため、一般的には3回が適切とされています。

しかし、企業によってはマナーページなどで指定された回数がある場合もありますので、面接前に確認することが重要です。

また、ノックの回数だけでなく、他の面接のマナーも重要であることは言うまでもありません。

ところが入室時のノックは2回という認識も根強いものがありますが、もし判断に迷うようでしたら、3回にしておくと無難です。

学校の就職指導、あるいは就活や転職サイトでのオウンドメディアなどでも触れています。

入室から着席、そして退室時までの一連の所作は、しっかりとシミュレーションしておくとよいです。

広告

在室確認

例えばトイレなど使用中が、あるいは他の個室の在室確認の際は、ノックは2回というのが定番です。

これは広く知られてるマナーのひとつではあります。

ところが面接での2回ノックは、ひどいケースだとマイナスの評価、よくない印象を与えるリスクがあります。

実に「くだらない」という意見も無きにしも非ずですが、長年の慣習を打ち破ることは、かなりの労力と時間を要するため、しっかりと使い分けた方が得策です。

しかしながら、2回ノックでも面接では全くお咎めがないというケースもあります。

さらには圧迫面接をしていない証明として、ドアを解放して面接をしたり、オープンな場所で実施したりすることもあります。

あくまでもマナーと言えども、企業や人によっては気にしない場合と、一応はチェックされるケースとまちまちです。

それが面倒臭いという理由で、一次段階ではZoom面接に絞っている企業もゼロではありません。

外国では4回ノック

映画でのワンシーンでは、企業内での所属長専用の個室に入室、あるいは警察官が聞き込みで一般家庭を訪問する際のノックは、4回というのが多いです。

これは、よく見てみてください。

なかなか日本では馴染みが無い回数ですから、違和感を覚えた人も多いのではないでしょうか。

4回もノックすると、指の関節が痛いですよね(汗)

そう、ノックって痛いから嫌だという意見も、本来なら無視しちゃいけないことだと感じます。

今のテクノロジーをもってすれば、ノックせずに何らかの別の方法が使えるはずなんです。

すでに社員のIDカードなしでは入室できないような社屋もありますから、ノックなんて前時代的、ハンコを上司に向けて斜めに押すぐらい古臭い文化と言えます。

ホント、手が痛いからノックは嫌です。

広告

まとめ

「面接や商談などで入室時のノックは何回がマナーとして最適?トイレは?他の部屋では?」というテーマで、ノックの回数について書きました。

TPOに応じてノックの回数を使い分けるのですが、知っていて損をすることはありません。

参照

面接でノックをする場所は決まってましたら教えてください。… – 教えて!しごとの先生|Yahoo!しごとカタログ

関連記事

就職や転職活動で役立つ目立たない実績をカバーする方法と自己アピールにおける誇張リスク

参考になったらシェアしてくださいね!