MEO対策ってなにをするの?SEOじゃなくてMEOは自分でできたりする?業者に依頼すべき?

ブログやサイトにアクセスを集めることは、もはや至上命題です。

ただ対象は絞らなければなりません。

商品やサービスを提供するからには、利用してくる、買ってくれる、契約してくるかもしれない人物を想定して、それに合った情報を出していくことは、もはや常識となりつつあります。

狙った通りにアクセスを集められれば、もう、やりたい放題です。

悪い意味ではなく、マーケティングの観点から、一気に突き抜けることも可能です。

そこで今回は、ちまたで耳にするMEO対策について書きます。

MEO対策とは

まずMEOとは、Map Engine Optimization(マップ検索エンジンの最適化)の略語です。

ここで言うマップとは、Googleマップを指しています。

「地域名+○○」「○○+地域名」など、通常のテキスト入力による検索をしたときに、マップと関連した店舗が表示されるのはご存知かと思います。

例えば、「名古屋 + PCR検査」で検索すると、このような状況です。

MEO 事例

広告を差し置いて先頭に躍り出ることができるわけですから、利用しない手はありません。

このポジションに表示させるための施策がMEO対策です。

広告

MEO対策の効果

予想される効果としては、まず、

  • 地域密着型の集客に適している
  • 告知と場所の案内を同時にできる

という点で、ある程度のPR効果が見込めることです。

地域名まで指定して検索しているわけですから、検索者の意図としては「行く気マンマン」状態と言えます。

もちろん、例にした名古屋市は広いですから、「名古屋駅」「名駅」などに置き換えられても、集客できるようにしておくことが肝心です。

地域に関連するワードが他に置き換えられても、検索結果の表示場所が有利になるようブログやサイトを調整することがMEO対策の必要性になります。

Googleビジネスプロフィールの充実

MEO対策に取り掛かるには、Googleビジネスプロフィールの作成と充実が先決です。

これなしにはMEO対策はあり得ません。

Google ビジネス プロフィール – Google にビジネスを掲載

Googleアカウントでログインして、店舗や事務所についてのプロフィールの充実を目指します。

できるだけ競合店と差別化を図ると良いです。

無料で管理が可能なので、使わない手はありません。

機能し始めると検索ユーザーとダイレクトにメッセージの送受信が可能なので、インサイドセールスにも有効です。

クチコミ効果も捨てがたいのですが、口コミのデメリットは、悪意を持った者が必ず現れること。

これについてはまた別の機会に。

広告

MEO対策は自分で?業者に依頼?

さて、悩むべきところはMEO対策を、

  • 自分でやる
  • 業者に依頼する

という選択肢があることです。

SEO対策においては、最初からプロに依頼して完全にお任せするパターンと、なんとか自己流でやってきたが伸び悩んでいるために協力して欲しいという協業のパターンがあります。

どちらもメリット・デメリットはありますが、後者の方は、まあ、ぶっちゃけやりにくくてしゃーないです(汗)

自己流でやってきたことが足かせになっていて、他人の意見を聞かないことが多いからです。

2.3個のキーワードが上位表示されていて、それに固執していると余計に、その傾向が強い印象があります。

それ以上伸びないのに・・・。

MEO対策の根幹

MEO対策の根幹はGoogleビジネスプロフィールの充実にあります。

後は、口コミを多く引っ張れるかがカギですが、これがまたセコイ技は使えないですからね・・・。

ただMEOに適さない業種もあるので、必ずしもMEO対策は必須ではありません。

まとめ

「MEO対策ってなにをするの?SEOじゃなくてMEOは自分でできたりする?業者に依頼すべき?」というテーマで、検索におけるマップとの最適化について書きました。

店舗を運営してるなら、Googleマップを味方に引き込もうよというのがMEOですが、向かない業種もあるんです。

例えば、実店舗が無い場合は、もうどうしようもありません。

自宅兼事務所のフリーランスなども同様です。

参考になったらシェアしてくださいね!