プール授業再開の波が押し寄せスクール水着が品薄!もう水着の指定は廃止したら?

この夏の公立小中学校では、プール授業を再開するというアナウンスが広まっています。

そのためかスクール水着が品薄状態だとか(汗)

我が子の通う中学校でもプール授業が3年ぶりに行われる予定です。

水泳嫌いな我が子は気持ちが凹んでいますが、保護者としては素晴らしいことが起こりました。

まさかの指定スクール水着購入なし!

プライベートで使用していたものでOKというのです。

考えてみれば指定のスクール水着は全く意味がありませんので、それについて、グタグタと愚痴ってみたいと思います。

スクール水着が無意味な理由

前述したように、我が子が通う中学校でもプール授業が再開されますが、スクール水着を購入しなくて良いのは、保護者としては高評価です。

早急に購入してくださいなど、バカげたアナウンスをしようものならと思っていましたが、珍しいファインプレーにプール授業は絶対雨だなと確信もしていますwww

ただひとつ、ビキニは遠慮してというお達しはありました。

で、スクール水着が無意味な理由ですが、まず、プール授業って何のためにあるのかを考えると自ずと答えは出できます。

体力づくり、泳ぐというスキルの習得、リフレッシュ効果などもありますが、遊泳中に溺れた、足が攣った、ケガをした、人とぶつかったなど、不測の事態を想定した対処法を学ぶことも重要です。

それを考えると、わざわざ同じ水着を着用する必要性は全くありません。

どこかの業者を儲けされるだけじゃんね。

バカらしい限り。

広告

女の子は欠席する日がある

どうしても女の子はプール授業が受けられない日があります。

まさかと思いますが、その欠席で評価点や内申点に影響するようなことは無いと信じたいですが、今の教諭は何考えてるかわからないですかね・・・。

特に中学校の教諭は、小学校の教諭から見ても頭が固いと言われてるところがありますから・・・。

特に再任用の教諭は最悪です。

ともかく公正な評価をしにくいわけですから、プール授業自体を廃止にすべき。

はっきり言って何の役にも立ちませんし、役に立った試しも無い。

体力と水分奪ってどうする

水に浸かるって体力を奪われるわけですよ。

夏のプール授業が快適だと考えている人がいたら、全く、現実を理解していない証拠。

暑すぎて水温も高くて気持ち悪いぐらい「ぬるい」のです。

そんな水温だと、いわゆる菌類が喜ぶわけで・・・。

しかも体力奪ってどうする?

熱中症予防がどうのこうのとうるさく言っている割には、プールで泳がせて体内の水分と体力を奪うって、クレイジーとしか言いようがありません。

この矛盾に気付いている教育関係者は、果たして存在するのでしょうか?

プール授業の必要性も説けることもできないクセに、ただ、伝統的にやってきたからやるって程度でしょ。

だから公教育はオワコンだと言っているわけです、個人的に。

広告

プール内でもソーシャルディスタンス

某九州の最大都市では、水泳授業での感染防止対策として2mの距離を確保するよう求めていたとか。

ほらね、もう現実的でないことを言ってるでしょ?

だけでも救いがあるのは、そのバカげたルールを少し見直したことです。

その他に、

  • 不必要に発言しない
  • 会話をしなければ距離は問わない
  • できれば1mは空けることが望ましい

といった、これで何がしたいのかと言いたくなるような指導がなされるとか。

だから、そこまで制限、窮屈な条件を押し付けなければならんのなら、別のことをやればいいじゃんって話です。

水の音だけが聞こえる、不気味な雰囲気で何をしたいのか?

まとめ

「プール授業再開の波が押し寄せスクール水着が品薄!もう水着の指定は廃止したら?」というテーマで、プール授業について書きました。

廃止したらええんです、誰も困らないですし。

熱中症予防を説きながらも、プールで泳がせて、わざわざ水分と体力を奪うという矛盾を広める愚策。

しかもがっつり紫外線を浴びさせるという蛮行めいたことを、公教育として堂々とやらせる厚顔無恥さが呆れますね。

参考になったらシェアしてくださいね!