車のヘッドライトの黄ばみ・くもり、実は簡単にきれいになるって知ってた?テールレンズ他のクリアパーツも

車の黄ばんで曇ったヘッドライト、気になりますよね。そろそろヘッドライトを交換しないとだめかな?でも、ランプは切れてないからもったいないんだよな。なんて思っているのなら、ここで紹介する方法をぜひお試しください。僅かな時間とお金で、簡単にヘッドランプの黄ばみとくすみが取れる方法がありますよ。ライト類の輝きを取り戻すと、車の雰囲気は断然リフレッシュします。同様にテールレンズや他のクリアパーツのくすみもきれいにして、もう少し今の車を乗り続けて倹約しましょう。

徐々に黄ばんで曇るヘッドライト

購入時は曇りひとつなかったのに、いつしか黄色く黄ばんで曇ったヘッドライト。あなたの車も、そんな状態になっていませんか?

ヘッドライトが黄ばんで曇っていると、隣の車のライトがきれいなほど余計に、自分の車が古臭く見えてしまうんですよね。

でも、ヘッドライトはまだきちんと点灯するし、ライトを交換するにはもったいなくて…。

なんて思っていませんか?

じつはヘッドライトの黄ばみや曇りは、ライトを交換せずとも、自分で簡単にきれいすっきりクリアにすることができるのです。

広告

ライトの黄ばみと曇りを取る

コンパウンド付けてバフがけするんでしょ?工具を持ってないし、ムリムリ。なんて思いました?

確かにコンパウンドとバフがけで曇りや黄ばみは取れます。

でも、グラインダーのような電気工具などは、持っていないのが一般的だと思います。わざわざそれだけのために購入するのも、なんですよね。

でも今回、ライトの黄ばみ&曇りを除去するの方は、違う方法です。

呉工業というメーカーの「ルックス ヘッドライト クリア&プロテクト」という商品を使って取ります。

呉工業といったら、赤い缶に黒いフタの潤滑剤、CRC 5-56を販売しているあのメーカーです。おなじみですよね。

そんな老舗のケミカルメーカーが販売する「ルックス ヘッドライト クリア&プロテクト」を使うと、誰でも簡単にライトをスッキリクリアにできてしまうのです。

「ルックス ヘッドライト クリア&プロテクト」の使い方

「ルックス ヘッドライト クリア&プロテクト」には、黄ばみを落とす「ディープクリーナー」と、ヘッドライトの表面をコーティングする「超耐久クリアガラスコート」の、2本の液体が入っています。

その他に、塗布用のクロスが10枚と、保護用手袋も2枚入っています。

使い方は簡単で、保護用手袋をはめて、よく降ったディープクリーナーを塗布用のクロスに垂らします。それで黄ばんだヘッドライトを塗り塗りしていきます。

ゴシゴシとこする必要はなく、少し厚めに塗っていく感じです。

すると、白いディープクリーナーの液が、どんどんと茶色に変わっていきます。これは汚れが浮き出たからです。

汚れが茶色く浮き上がってきたら、濡らして軽く絞ったウェスで、茶色くなったディープクリーナーを拭き取ります。

このときも特に強くこする必要はなく、拭き取るのみ。これだけで、びっくりするくらいヘッドライトの黄ばみが取れているはずです。

しかし、まだこの状態では、完璧にきれいにはなっていないでしょう。

その後、ヘッドライトが乾いたら、次にもう1本の液体「超耐久クリアガラスコート」を塗布用のクロスに垂らし、一定方向に塗っていきます。

すると、ヘッドライトの曇りは嘘のように取り除かれ、まるで新品時のときのような輝きを取り戻します。

超耐久クリアガラスコートを塗ったあとは、12時間ほど触ったり、濡らしたり、しないようにしてください。、24時間経つと完全に硬化します。

力を入れてこする必要もないので、女性でも簡単にヘッドライトの黄ばみと曇りを除去できます。

しかも、この「ルックス ヘッドライト クリア&プロテクト」、お値段わずか1980円です。

広告

テールランプやドアバイザーにも有効

すっかりヘッドライトがきれいになり、喜んでいるようなら、まだ早いです。

実はこの呉工業の「ルックス ヘッドライト クリア&プロテクト」は、テールランプやドアバイザーなんかにも使えるのです。

ヘッドライトが黄ばんでいる車は、たいていテールランプやドアバイザーなども、曇ってくすんでいるはずです(笑)。

ヘッドライトをきれいにしただけでは、まだ溶剤は残っているはずなので、同じ要領でテールランプやドアバイザーもきれいにして輝きを取り戻しましょう。

こういった透明パーツが輝きを取り戻すと、車は俄然きれい見えます。

反対に、こういったところがくすんでいると、いくらボディーがきれいでも、古臭く見えてしまうんですよね。

神は細部に宿るのです(笑)。

わずか1980円でリフレッシュできるのなら、これはやらない理由がないのでは?

まとめ

駐車場に並ぶ車を眺めてみると、ヘッドライトが黄色く黄ばみくすんでいる車を多く見かけます。

車に詳しい友人に聞いたところ、研磨できれいになるよとのことでしたが、それ以上にお手軽な方法があると知って驚きました。

しかも1980円って。アマゾンだったら、もっと安く売ってます(笑)。

ヘッドライトの黄ばみが気になっていた方、週末にでも試してみてはいかがですか?

まだ車は買い換えなくても今のままで十分じゃん!そう思えてくるはずですよ。

参考になったらシェアしてくださいね!