家族や友人に報酬目的で商品やサービスを紹介する人は縁を切る前提で接するしかない?

金融機関、特に保険でよく見かける、ご家族・お友達(ご友人)紹介キャンペーン。

他人の人間関係に亀裂を生じさせたいのかと、個人的には思ってしまいます。

実際に保険代理店の営業研修でも、

まずは、ご家族やご友人に紹介してみましょう

なんて平気で指導する始末。

多分、現在でも同じような指導がなされているのではないでしょうか。

いきなり保険を勧められた困惑しますよね?

そこで今回は、家族や友人を巻き添えにしやすいことについて、書きたいと思います。

家族や友人を売る行為

あくまでも個人的な考え方であると断っておきます。

保険でも証券口座でも構わないのですが、ご家族・お友達(ご友人)紹介キャンペーンに乗って実際に勧めてくるって、家族や友人を売る行為だと考えます。

理由は、報酬を手にするからです。

全くの無報酬なら、家族や友人を売る行為と言い切るつもりはありませんが、それでも「気分の良い話」ではありません。

大体、保険や証券口座の話って、親しい間柄だとしてもデリケートなジャンルですよ。

投資も含めると、知ってる人に対して紹介することに気を遣うデリケートジャンルのトップ3ではないでしょうか。

広告

営業研修では成長しない

練習のつもりで家族に商品を紹介しましょう、なんて指導があったら、思い切り引くでしょ?

家族や友人はたまったものではありません。

ノルマ達成のダシに使われるわけですから、そういう会社に就職したのが、もはや運の尽きです。

さすがに昨今では、そんなクレイジーな研修は無いとは思いたいですが、いろいろな会社がありますから断言はできません。

営業の研修は確かに必要なのでしょうが、マニュアル通りにやっても上手くは行かないのが常です。

研修はあくまでも研修であり、実践とはかけ離れている場合が多くあります。

上手く軌道に乗っている人は、自分なりの営業方法を見つけています。

ですが、ぶっちゃけた話、向き不向きもあると思います。

営業スタイル

営業のスタイルは一言では片付けられません。

そもそも「営業」という言葉遣いが古いかもしれません(汗)

なぜならば、今風な言い方をすると、営業はインバウンドセールスとアウトバウンドセールスに、大別されているからです。

簡単に違いを言えば、

  • インバウンドセールス:プル型、リモート営業
  • アウトバウンドセールス:プッシュ型、対面営業

になります。

広告

営業手法

インバウンドセールスとアウトバウンドセールスに大別される営業スタイルですが、それぞれに合った手法が存在します。

インバウンドセールスでは、

  • 反響営業
  • メール営業
  • レター営業
  • 引き合い営業
  • コンサルティング営業
  • ソリューション営業
  • コンテンツマーケティング

などがありますが、アウトバウンドセールスとなると、

  • 飛び込み営業
  • テレアポ

しか知りません(汗)

現代に見合った営業手法

現代のデジタル社会およびコロナ禍においては、インバウンドセールスが増加しました。

ではコロナ収束後もインバウンドセールスの流れは止まらないのか、HubSpot Japanによる日本の営業に関する意識・実態調査2022を見てみると、

訪問営業の方が好ましい:58.2%

という結果が出ています。

ただし、この数字は売り手側の意見であり、買い手側における「訪問営業の方が好ましい」割合は38.3%と20%も減少します。

この数字を、どう捉えるかはアナタ次第!

まとめ

「家族や友人に報酬目的で商品やサービスを紹介する人は縁を切る前提で接するしかない?」というテーマで、営業について書きました。

ご家族・お友達(ご友人)紹介キャンペーンでの顧客獲得は、仕掛ける方としては楽です。

紹介によって人間関係がどうなっても、仕掛けた側には責任はありませんしね。

だから、あまり良い気はしません。

参照

日本の営業に関する意識・実態調査2022の結果をHubSpotが発表

参考になったらシェアしてくださいね!