スマホ老眼になる若者が急増中!スマホ老眼とは何?症状・一般的な老眼との違い・治す方法

スマホ老眼になる若者が急増しているようです。スマホ老眼とはいったい何なのか、一般的な老眼と何が違うのか、スマホ老眼の症状や治す方法などをお伝えします。

10代・20代で老眼鏡?

「老眼」とは年を取ることにより目のピント調節能力が衰えて見えづらくなるものです。

人間の目は水晶体というレンズを毛様体筋という筋肉が、引っ張ったり緩めたりしながらピント調節を行っています。

しかし加齢とともに水晶体の弾力がなくなったり、筋肉も衰えたりして、だんだんとピントが上手く合わなくなってくるのです。

そんなわけで、「老眼」と「老」の字が付いて表現されていました。

人間の目のピント調整機能は、実は20代の頃から実は徐々に衰え始めてくるそうです。

ただ、それが生活に支障の出るレベルで実感するのが、40代以降になってからで、近くのものが見えづらくなるタイミングというわけです。

しかし最近では、10代や20代でも、この老眼の現象が起きる人が増え、中には老眼鏡をかける人まで現れているそうです。

その若者の老眼を引き起こす原因に、スマホの長時間利用にあるようで、そのため「スマホ老眼」と呼ばれているそうです。

広告

スマホ老眼とは

「スマホ老眼」とは、同じ距離のものを長時間見続けることにより、目の焦点を調節する筋肉が疲れ、凝り固まってしまうために起こります。

スマホの画面から顔を上げた時に遠くにピントが合わなくなったり、近くのものでも霞んで見えたりといった症状が見られます。

このようなスマホを見すぎたせいで起こる目のピント調節機能の低下が、「スマホ老眼」と呼ばれており、現代病の1つとも言われています。

スマホ老眼の症状は一時的なもので、しばらくすると治るとされていますが、日常的にスマホを長時間利用し続けていると、筋肉が固まり症状が改善しづらくなることもあるようです。

老眼とスマホ老眼の違い

視力の調整機能が衰えるという意味で、共に老眼という言葉が含まれていますが、この2つはそもそも発症する原因が異なります。

老眼とは言わば、目の焦点距離を合わせる長さが短くなることを言います。

加齢により近くのものに視点を合わせるのが上手く行かない遠視に気づいたとき、人は「老眼になった」といいますが、実は近くだけでなく遠くも見えにくくなっていると思います。

要はピント調整距離が短くなってくるからです。

一般的な老眼は加齢のために起こりますが、スマホ老眼は近い場所を長時間見続けたことによって起こる目の筋肉の疲労により起こります。

若い場合は、まだ水晶体も毛様体筋も元気なので回復するわけですが、それでも慢性的に疲労が続くと、回復も悪くなりスマホ老眼の症状が長引き、そのまま視力低下へと繋がっていくケースもあるようです。

広告

スマホ老眼を治す方法

スマホ老眼を治すには、まずスマホなど近くのものを長時間見過ぎないことです。

そのうえで、極力目の負担をかけないようにします。

現代では、日常的にパソコンを使うことが多くなっています。そんな場合でも、1時間に1、2回は画面から目を離し、2メートル以上先にあるものを20秒程度見つめるようにしましょう。

また、スマホやパソコンなどの画面を見るときは、ある程度の距離を取ってパソコンの画面から顔を離すようにしましょう。

ちなみに、ブルーライトを発するものだけが目に悪いわけではありません。漫画や本などを長時間読むのも、同じ距離の視点のまま固定されてしまうので、良くありません。

1時間に1、2回は遠くを見るようにし、休みの日などは散歩に出かけるなどして、なるべく遠くのものを見るような習慣を作るようにしてください。

また、目の疲れを回復させるには睡眠も大切です。パソコンを長時間使う仕事をする人は、特に睡眠もしっかり取るようにしてください。

まとめ

人間の目のピント調整機能は、20代頃から徐々に衰え始めます。しかしその衰えに気づくのは、40代以降に手元が見えづらくなってきたタイミングが多いようです。

そのため、急に老眼が始まったように思えますが、徐々にピントの距離は縮まっているのです。

しかし、最近ではスマホの画面を長時間見続けることにより、老眼に似たピント調整機能の衰えが生じやすくなり、この症状のことを「スマホ老眼」と呼ばれています。

スマホ老眼は主に、スマホから目を外した瞬間、遠くのものとピントが合わなかったり、手元が霞んで見えたりします。

スマホ老眼の症状は、一時的なことが多く、しばらくすると治るとされていますが、慢性的に長時間スマホを見えている人の目は疲労が蓄積され、治るはずのスマホ老眼が治らず、慢性的にピントが合いづらくなる人もいるようです。

スマホ老眼を治すには、スマホを見るのをしばらくやめて、目を休ませることです。

また、パソコンなどを使う場合も、1時間に1、2回は、遠くのものを20秒程度見つめて、筋肉が凝り固まるのを防ぐようにしましょう。

睡眠も目の疲労を回復させるには需要です。しっかりと睡眠を取って、目の疲れを癒やすようにしてください。

参考になったらシェアしてくださいね!