しゃちほこトピックス > 趣味娯楽 > ヤマハSR400 生産終了で超プレミア価格に

ヤマハSR400 生産終了で超プレミア価格に

ヤマハのオートバイSR400が長い歴史を閉じ、ついに生産終了。現在、予約販売も完了し、市場のファイナルエディションは新車価格の2倍を超える超プレミア価格に。いったい何が起こっている?

ヤマハSR400が生産終了に

1978年以来、43年(一時中断あり)にわたって作られてきたヤマハSR400というオートバイが、2021年についに生産終了を迎えることになりました。

ホンダのスーパーカブに次ぐロングセラーモデルで、400ccのオートバイにしてはわりと小柄ながらも、シンプルで飾りのないそのデザインは、多くのユーザーに愛され、またカスタムの素材バイクとしてもとても人気を得ました。

タイヤやタンクサイズの変更、ドラムブレーキからディスクブレーキ、排ガス規制の関係で、途中、キャブからインジェクションに変更などはありましたが、全体的なシルエットは大きく変わることなく、今見てもSR400は良くも悪くも昭和のオートバイといった誰もが思い浮かべる典型的なレトロな形をしています。

SR400ファイナルエディション

今回、SR400の最終年にあたる2021年モデルは、ファイナルということで、ファイナルエディションとファイナルエディション・リミテッドの2つのモデルが用意されています。

ファイナルエディションの方にはタンクに小さくFinalEditionの文字が刻まれています。

そして、ファイナルエディション・リミテッドの方は、1000代限定の特別カラー仕様となっています。

価格の方は、次の通りです。

SR400ファイナルエディション
605,000円 [消費税10%含む](本体価格 550,000)
発売日:2021年3月15日

SR400ファイナルエディション・リミテッド
748,000円 [消費税10%含む](本体価格 680,000円)
発売日:2021年3月15日

特別仕様のリミテッドバージョンの方が、13万ほどお高いです。

1000台限定、しかもこれで生産終了ととなると、思い入れのある人は特にリミテッドを選んじゃうかもしれませんね。

実際、SRをすでに所有している人でも、このラストモデルを購入された方がかなりの数いるようです。

そこまで惚れこまれたオートバイは、SR意外にそうそうないのではないかと思います。

ちなみに、あっという間に完売してしまいました。

そしていま超プレミア価格に

そんな最後のSRは既に完売状態となり、あとは各オートバイ店が仕入れた未登録車を探すことで、新車は購入できるのですが、これがいまものすごいプレミア価格になってしまっています。

全くの新車状態と言ってよい未登録車だと、SR400ファイナルエディションが90万~120万円と1.5倍以上に、そして、SR400ファイナルエディション・リミテッドが150万~180万円と、定価の2倍以上に!

そこまで価格が上がるほどなら、ヤマハももっとSRを作り続ければいいのにと思ってしまうのですが、まぁいろいろとあるのでしょうね。

しかし、人気にかこつけて、各オートバイショップが販売直後の新車価格を吊り上げるのは、どうなのかなと思ってしまいます。

まとめ

実は私も以前からヤマハのSR400に乗り続けており、所有して30年以上が経ちました。

その間、オートバイブームも何度かやってきて、今また世間は空前のオートバイブームで若い人もたくさん乗っていますね。

そんな若い人たちがSRを乗っているのを見かけると、とてもうれしくなりますし、年配のおじさんがSRに乗っているのを見ても、なんだかとてもうれしく感じてしまいます。

これまでSRを何度か手放そうかと考えたこともありましたが、乗るたびに良いバイクだなと実感し、結局所有し続けてきました。

おそらくこの先も手放すことはなく、生涯乗り続けると思います。

SR400に乗ってみたいなと思っている人がいたら、ぜひ乗ってみることをお勧めします。

なかなか他にはない乗り心地の、奥深いオートバイです。

自分のペースで楽しめ、一生付き合える良いバイクですよ。

参考になったらシェアしてくださいね!