送料1000円でも購入したくなるモノとは?送料無料が当たり前の時代からの脱却方法を考える

※広告

送料無料が当たり前になった通販業界。

確かに利用者としては送料無料はありがたいですが、配送業者の実情が広く知られるにつれ、少し風向きが変わりつつある印象です。

送料無料によってショップ側が直面する課題は、利益率の低下と顧客満足度向上への限界ではないかと考えます。

競争の優位性が「送料無料」以外に、今のところ目玉となるモノすらありません。

商品価格を割引すれば、課題は変わらないままです。

しかし、ディズニーオンラインショップは、送料1000円でありながらも、つい、買ってしまうのは、なぜでしょうか。

単純に欲しいと思わせる商品が多いことも事実ですが、今回は、送料のことを通販全体の問題として言及してみたいと思います。

東京ディズニーリゾートショッピング

公式アプリからパーク内の商品を購入できるしくみがありますが、その送料が1000円でも商品が売れまくっています。

なぜ売れまくっているのか、顧客の購買意欲を刺激し購入に至らせているのは何かを、具体的に考察したいと思います。

ブランド力と顧客ロイヤルティ

ディズニーブランドへの信頼と愛着が、顧客の購買意欲を高めています。

ディズニーは世界的に愛されるブランドであり、その信頼性や品質に対する信念が顧客の心を離しません。

顧客はディズニーブランドに対する愛情などから、送料がかかっても商品を購入することに喜びを感じるわけです。

限定商品

オンラインショップでしか手に入らない特別な商品は、顧客にとって魅力的です。

ディズニーオンラインショップでは、限定商品やオンライン限定アイテムが提供されており、これらの商品を手に入れるためには送料を支払うことも顧客にとっては魅力となります。

限定商品と言われると・・・。

コンテンツ

商品情報だけでなく、ディズニーの世界観を楽しめるコンテンツが顧客の興味を引きつけます。

商品ページやSNSなどを通じて、ディズニーの魅力を伝えるコンテンツを定期的に配信していることも強みです。

それらのコンテンツを見て、ハッとしたものを感じたら、すぐに顧客が購入に走るよう動線設計も秀逸であることがわかります。

顧客体験

梱包のデザインにおいてもこだわりがあり、顧客に特別な体験を提供することで、顧客ロイヤルティを高めます。

特に40周年イベントの期間中は、梱包のダンボールすら商品の一部のように感じられます。

つまり行ってないけど、行った気分になれるというのが大きいです。

広告

送料無料時代の販売戦略と差別化

送料無料が当たり前の時代において、ショップが競争力を維持し、顧客満足度を向上させるためには、新たな販売戦略と差別化が必要です。

以下に、その具体的な手法を提案してみます。

価値の再定義

顧客にとっての価値を再定義し、商品や体験を強調するようにします。

具体的には希少性や限定性、付加価値などを焦点にすることで、顧客への新たな魅力を発信することです。

商品だけでなく、購買から受け取りまでの一連の流れの中でも、小さな価値を見出せすようなフローが理想的です。

顧客ロイヤルティを高める

会員制度やコミュニティを通じて、顧客との関係を深めることも検討の余地があります。

ポイント還元や限定特典、会員限定商品などのサービスを提供、あるいは見直しを図り、顧客のロイヤルティを高めることを取り入れます。

また、ファン同士の交流を促進することで、顧客同士のつながりを生み出すことも、ひとつの手段です。

独自の強みを活かした差別化

ブランドストーリーや専門性を活かし、他とは異なる存在感を示していない可能性があります。

自社のブランドの理念や価値観を伝え方を変えることで、顧客に共感を呼び起こすこともできます。

特定の商品や分野に特化した専門性の高いショップに変革ということも、切り札として重要です。

顧客ニーズに合わせた柔軟な対応

配送オプションの充実や、返品・交換の条件の柔軟な対応など、顧客が利用しやすい環境を整えることで、顧客満足度を向上させます。

顧客の要望やニーズに対して、迅速かつ丁寧に対応することが重要です。

まとめ

「送料1000円でも購入したくなるモノとは?送料無料が当たり前の時代からの脱却方法を考える」というテーマで、通販の展望を踏まえて販売戦略について書きました。

送料無料に頼らない、顧客満足と利益を両立する販売戦略は、ショップ規模の大小を問わず、やっていかなければ生き残れません。

顧客にとっての価値を改めて見直すことで、新しい発見があるかもしれません。

結局は、リピーターを増やすことが、利益の最大化に繋がりますから、独自の強みを活かした差別化が不可欠です。

送料負担のお願いをしつつ、それ以上に見合った顧客ニーズに合わせた柔軟な対応を通じて、顧客満足度を向上させることが、送料無料時代からの脱却のカギだと予想します。

参照

東京ディズニーリゾート ショッピング|【公式】東京ディズニーリゾート・アプリ

関連記事

物流業界に規制が入る2024年問題とは?宅配便での再配達が実施されない可能性も!?

参考になったらシェアしてくださいね!